無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

👼







なんとか優しい監督さんのおかげで

初めての撮影もスムーズに終えられた







今はお昼休憩で

あと30分経ったらティーザーの撮影がある








  じょんう
じょんう
  あ、あなたこっちおいで  


じょんうおっぱに呼ばれたので駆け寄ると



ウィンウィン先輩とジェヒョン先輩と
もう1人の加入メンバークン先輩がいた





👼
  あ、初めまして(?) 
  じぇひょん
じぇひょん
  ふふっ、笑  初めまして  



そうやって笑ったじぇひょん先輩はえくぼを作った




そんなえくぼに夢中になってるのは
私だけじゃなかった

うぃんうぃん先輩もだ…笑









不思議なように見つめている姿は

小動物みたいでとても可愛いかった








  じょんう
じょんう
  あなた皆の名前知ってるから  
自己紹介大丈夫だよね?
👼
  うん! 
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  え、僕の名前…覚えてくれたの!? 



うわぁ…可愛い……………


当たり前じゃないですか
こんな天使の名前一瞬で覚えたわ









すると、うぃんうぃん先輩の
隣にいた人が急に吹き出した








  くん
くん
  ぷっ…wwwwww  
  くん
くん
  あなたちゃん
心の声漏れてるよ、笑
👼
  …っえ!? 
  じぇひょん
じぇひょん
  うぃんうぃんの事天使だってさ笑  
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  …なんか恥ずかしい、笑  




そう言って照れている
うぃんうぃん先輩はばか可愛かった




  くん
くん
  てか、さっきのあなたちゃん  
めっちゃ綺麗だったよ
  くん
くん
  初めての撮影なのに凄いね  
👼
  …! 




シンプルに嬉しすぎる…

てかこの優しい笑顔はリアコすぎて………(








くん先輩の笑顔を見ながら感動していると







  じょんう
じょんう
  なに、くん哥…
あなたの事口説いてんの?
  じょんう
じょんう
  あなたはだめだよ、渡さない! 



そう言って私を抱き寄せるじょんうおっぱ








いや、くん先輩別にそうゆうつもりで
言ったわけじゃないと思うけど…笑







  くん
くん
  俺そんなナンパ野郎
じゃないんだけど…
👼
  …笑  
  てん
てん
  ナンパ野郎  ~  !!!! 
  くん
くん
  な、!急になんだよテン! 
  てん
てん
  あなたちゃんこいつに何かされたら  
てんおっぱを呼ぶんだよ!
👼
  え、…あ、はい………笑  
  くん
くん
  あなたちゃんもそこで
"はい"って言わないの ~ 、!














next