無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

👼







.
  ちょんろ
ちょんろ
   ひょん  、 言うなら早く言って   






今からまくおっぱに乾杯の式(?)をしてもらう






  まーく
まーく
   あ  、 あぁ …   
  まーく
まーく
   えっと  、 あなたとの合流を祝して
これからあなたがドリムでも楽しく
活動出来るようにリーダーの俺が
これからもドリムを …
  へちゃん
へちゃん
   いやまくひょん長いって   !!   
  ろんじゅん
ろんじゅん
   なんか  、 眠くなったんだけど …   
  ちょんろ
ちょんろ
   もうあなたが言っちゃって   
👼
   えぇ … 笑   
  へちゃん
へちゃん
   いいから早く   !!   






まくおっぱシュンとしちゃってるじゃん 笑





👼
   じゃあ  、 えっと …   
👼
   初めての事がいっぱいあって皆に
沢山頼るし迷惑かけると思うけど
よろしくお願いします !!
👼
   乾杯   !!   










「「 かんぱ ~ い !! 」」











  ちそん
ちそん
   あなた  、 僕とルームメイトだしさ   
同lineだから … これからいっぱい
相談とか乗るからね ??
  ちそん
ちそん
   僕が … 守るから ………    







と 、 少し頬を赤らめたちそんに言われた







  じぇみん
じぇみん
   あいぐ   ~   ちとんあどこでそんな   
イケメンなセリフ覚えてきたの
  まーく
まーく
   わぁぁぁ  !!   かっこいいぞちそん  !!   
  へちゃん
へちゃん
   きゃっ  !!   胸きゅん   !!   
  ろんじゅん
ろんじゅん
   男前に育ったな …   
  じぇの
じぇの
   惚れたわ   
  ちょんろ
ちょんろ
   鳥肌たったわ … (   
  ちそん
ちそん
   もう … やめてよひょん達 ///   








oh ..... なんて可愛いんだ …

同lineにこんな天使いていいの … ??







👼
   ちそんは私が守る   
  ちそん
ちそん
   え  、 そっち   ??   
👼
   ちそんしか勝たないから   





そう言ってちそんの腕を引き寄せてハグをすると






周りの叫び声とカメラのシャッター音が

止まらなくなった











  ちそん
ちそん
   あなたちょっと離れてよ …   
👼
   天使は黙っとれ   
  ちそん
ちそん
   いつもくっついているんだから   
そろそろ離れてよ
👼
   ちそんあったかい …   
  ちそん
ちそん
   はぁ ……   














next