無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

🍉








あなたと話しているとあっという間に

みんなが居る場所に着いた







僕たちが入った練習室は

本当に大きい部屋




もう僕たち以外は着いてたらしく




みんな 、 真ん中に円になって座って

昼ごはんを食べていた










  へちゃん
へちゃん
  お 、 ! あなた !!!! 





僕たちに気づいたどんひょくは



食べていたご飯を床に置いて

猛スピードでこちらに向かって走ってきた










それに対し 、 あなたはどんひょくから逃げて

なんか鬼ごっこ状態になっている










  へちゃん
へちゃん
  や  ー  ! なんで逃げるんだよ ! 











そんな逃げ回っていたあなたは

ようやくどんひょくに捕まったらしく



首がどんひょくの腕で巻きつかれてる









あなた
  ちょ 、 暑苦しいから離れてよ  
  へちゃん
へちゃん
  やだ  
  へちゃん
へちゃん
  久しぶりだから離れない  
あなた
  子供みたいな事言わないでくれる ? 









ソルチキヤッカンあなたの方が歳上に見えてきたよ








  ちそん
ちそん
  ひょん 、 あなたを
離してやってください
  へちゃん
へちゃん
  えぇ  ~  、 やだよ  
  じぇみん
じぇみん
  や  ~  どんひょが  
  じぇみん
じぇみん
  ちとんあが言ってるんだから
ナナの愛しのあなたちゃんを離しなよ








じぇみなは相変わらずだな 、 … 笑







  へちゃん
へちゃん
  はぁ 、 しょうがないな…  






そうやって解放されたあなたは

すぐにちそんのもとへ向かった





あなた
  ちそんあ  ~  泣  






泣き真似しながらちそんに抱きつくあなた







oh......



のむきよぉ





なんだかじぇみなの気持ちがよく分かるよ












  ちそん
ちそん
  大丈夫 ? 何もされてない ? 
あなた
  首締められたけど大丈夫  ~  
  ちそん
ちそん
  首締められて大丈夫って言う人は  
異常だよ
あなた
  大丈夫大丈夫  ~  ! 
  ちそん
ちそん
  はぁ 、 本当に…  






あれ 、 こいつらこんな仲良かったっけ ?


同lineだから自然と仲良くなれたのかな ?
















next