無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

👼








.
👼
  もしもし 、 あの推し様...  
???
  や  ~  、!  推し様って...
その呼び方やめろって言ったよな !
???
  おっぱって呼べよ  ~  笑  
👼
  ごめんなさい 、 だって推しに
そんな馴れ馴れしく呼べないですよ
???
  いいから 、! おっぱって呼んで ! 
👼
  .....えっと 、 おっぱ  
???
  な  ~  に  ~  ? 





あ"ぁ" ~ 推しが今日も可愛い






若干どよんおっぱとているおっぱを感じるけど

推しだから可愛いフィルターが着いちゃうんだよね(








👼
  あの 、 実はカムバが決まりまして...  
👼
  正確に言うとデビューですね  
???
  はっ 、!? ちんちゃ!? 
???
  えっ 、 おめでとう ! 泣  
👼
  え 、 ちょ 、 おっぱ泣いてる? 
???
  ちょっとおっぱ嬉しすぎて泣いてる  
???
  今すぐ祝いたいから今から行くわ  
👼
  え 、 どこに  
???
  あなたの所まで  
👼
  えっ 、!? 正気ですか!? 
???
  どうせスケジュールの事で  
連絡しに来たんだろ?
👼
  まぁ 、 はい...  
???
  今事務所にいるんだよね 、? 
👼
  あ 、 はい  
???
  じゃあ 、 暇だしそっち行くね  
👼
  え 、 いいですって ! 
???
  じゃあ行きま  ~  す  
👼
  ちょ 、 おっぱ ! 









そんな私の声を無視し

ピッ と電話を切った私の推し様








👼
  すみません 、 今から来るそうです...  
マネージャー
  まじかぁ..... 、 
マネージャー
  まぁ 、 もうバレていいよ  
👼
  ...はい  





そんなやり取りを終始見てたおっぱ達は

ずっと頭の上に ? を浮かべていた









まぁ 、そうなりますよね...









そんな秘密にしなきゃいけないくらい

特別なトレーナーとか意味わからないよね





まぁ 、 数十分後には皆口開けて驚いているだろうな

















next