無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🐶 sɪᴅᴇ






説明を全て受け終わって部屋から出ると

なんだか色んな感情が溢れてどっと疲れてしまった








  るーかす
るーかす
  ひょん、! 
  るーかす
るーかす
  ついに一緒にデビューできるんだね! 


ルーカスが ニカッ と笑いながら僕を見てきた

🐶
  そうだね、笑  



まだ実感は湧かないけど

なんだろこの喜び?興奮を誰かに伝えたい




でもきっと横にいる彼女はそんな事思ってないだろう











________ダンスレッスン中






僕達は変なタイミングで一緒に呼び出された






デビューの話という事は察していたが

緊張しすぎて足は若干震えていた








思ったより部屋までの道のりは短くすぐに着いた

案内してくれた人がドアを開けると








そこには🪑マン先生と、








背の低い可愛いらしい女の子がいた


きっと練習生の子だと思うけど…





こんな可愛い子見た事ない

僕たちと違う所で練習してたのかな…?












next