無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

81
2020/02/12

第8話

「命をかけた最終選別③」
赤坂 千春
赤坂 千春
(とりあえず、生き残ることだけを考えよう。)
そう言って、音もなく千春は走り出す。
赤坂 千春
赤坂 千春
日が出たら、鬼もいなくなる。日が一番近いところに行かないと体がもたない。そこまでいけば体も休める。どこかな…。
心臓がドキドキと鳴り出して止まらない。落ち着け、落ち着けと思いながら呼吸をする。その時、ダダダンと音がした。
赤坂 千春
赤坂 千春
何? 今の音…。
そう思って後ろを振り向く。誰もいない。良かったと思って前を向くとすぐにそこに鬼がいた。すぐさま千春は後ろへと下がって刀を抜く。
鬼が千春に掴み掛かろうとする直前、スパッと切れのいい刃が鬼の首を切っていた。千春は心の中で思った。
赤坂 千春
赤坂 千春
(こんな鬼、びっくりして鬼の首を切れなくなったりしたら、この先どうするの。)
と。
実は千春の手は震えていた。そして今も震えていた。2年前のある恐怖が千春をまだ包み込んでいるのが自分でもわかった。その時ふと師匠の言葉を思い出した。
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
焦りは禁物だ。怖くなったり、もし焦ってしまったらゆっくりと深呼吸をしろ。
そうだった、そうだった。忘れそうだった。そして千春はまた大きく深呼吸をした。そして落ち着かせると再び歩を進めた。
そして、千春は恐怖もあったけど、出会った鬼を返り討ちにしていった。時間が次々に進んでいくと、千春の体力もどんどん削られていく。
赤坂 千春
赤坂 千春
ハァ、ハァ。
息ができなくなる時も、体をふるい立たす。
さて、千春はこの最終選別で生き残ることができるのか…。
作者
作者
千春の「春」の呼吸の一覧です。
全部で8つあります。
壱ノ型 桜吹雪 (さくらふぶき)
弐ノ型 春風時雨(はるかぜしぐれ)
参ノ型 椿裂き(つばきざき)
肆ノ型 玄鳥詩(つばめうた)
伍ノ型 菫飛沫(すみれしぶき)
陸ノ型 猫の囀り(ねこのさえずり)
漆ノ型 狐突き(きつねづき)
捌ノ型 兎跳び斬り(うさぎとびぎり)
作者
作者
次回予告 千春がピンチに…!!