無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
224
2020/02/04

第1話

「柱との出会い」
産屋敷 輝哉
産屋敷 輝哉
今日は新しい柱を紹介する。
柱のみんな
柱のみんな
...(誰だろう)
産屋敷 輝哉
産屋敷 輝哉
千春、出てきておくれ。
そう言って出てきたのは少し背の高い女の子。
赤坂 千春
赤坂 千春
赤坂 千春です。その...よろしくお願いします。
顔を少し赤くしながら、ぺこりと頭を下げる。
不死川 実弥
不死川 実弥
お前、今何歳だぁ?そんなんで鬼の首切れるのかぁ?
産屋敷 輝哉
産屋敷 輝哉
実弥、優しくしてあげてね。
不死川 実弥
不死川 実弥
御意。
さっき言われた言葉で、千春はふとうつむいた。
産屋敷 輝哉
産屋敷 輝哉
1つ言っておきたいが、千春は杏寿郎の「継子」なんだ。
柱のみんな
柱のみんな
え...。
柱みんなの視線が煉獄と千春にいく。
赤坂 千春
赤坂 千春
そうなんです。私は甘露寺さんと同じで...。
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
気安く甘露寺の名前を呼ぶな。
産屋敷 輝哉
産屋敷 輝哉
小芭内、最後まで聞きなさい。
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
…御意。
赤坂 千春
赤坂 千春
すみません、伊黒さん。それで、私はとある理由では鬼殺隊に入ったんです。
そう、私と煉獄さんが出会ったのは3年前。
千春はその時、とても大きな恐怖に包まれていた。