無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話
亜月 彼方(うずき かなた)
えっとー、俺は入間様と、あい様の執事って事ですか?
鈴木 入間(イルマ)
そ、そうです。
なんかいつの間にか決まっちゃったみたいで…………すみません( ˊᵕˋ ;)💦
鈴木 愛間(アイマ)
で、でも私たち学校で目立ちたくないんです…………外では
執事ではなく兄妹って事でお願いします(*' ')*, ,)✨
亜月 彼方(うずき かなた)
分かりました。『私』のことは気にしないでください!
私の家系は前までお偉いさんの執事をやっていまして、
小さい時に礼儀作法を習っておりました。
鈴木 入間(イルマ)
(『私』………………か。)
鈴木 愛間(アイマ)
あ、そうだ!!分からないことがあれば私達や、おじいちゃん、
オペラさんに聞いて下さいね!!
亜月 彼方(うずき かなた)
はい。ありがとうございますあい様。
ガチャン
亜月 彼方(うずき かなた)
………………………………
亜月 彼方(うずき かなた)
家に帰りたいな
-----------------------------------------------------------------
主さん
主さん
どもども皆さん!お久しぶりです!!
主こと、なぎさでーす!!
今回はめっちゃ短いのなーって思ったので彼方くんの過去、
まぁなんで家族が居ないのか、というのもを下に描きましたので……
主さん
主さん
それでは!どうぞ!!!
--------------------------------------------------------------------
お母さん
お母さん
彼方〜!ご飯よ〜!!
亜月 彼方(幼少期)
はぁ〜い!!!!
亜月 彼方(幼少期)
ヨイショッ((
お母さん!きょうのごはんは??
お母さん
お母さん
今日はオムライスよ〜!!
亜月 彼方(幼少期)
やったぁ!
お母さん
お母さん
それと今日は彼方にプレゼントがありまーす!!
亜月 彼方(幼少期)
お母さん
お母さん
じゃーん!ネックレスです!!
このネックレスはお父さんと、お母さんが作ったんだよ!!
亜月 彼方(幼少期)
お父さんと、お母さんが!!!
ぼくこれたいせつに、くびにつけておくね!!
亜月彼方は幼少期普通の家庭で育った。
早寝早起きし、ご飯を食べ、遊んで寝る。
そんな普通の生活をしていたある日、あの事件が起こった。
亜月 彼方(幼少期)
お父さん!!
きょうはどこにいくのー?
お父さん
お父さん
今日はなぁー!
なんとなんと!!
亜月 彼方(幼少期)
なんとなんと〜?
お父さん
お父さん
彼方が行きたがってた水族館に行くぞー!!
亜月 彼方(幼少期)
やったぁ!!!!
亜月 彼方(幼少期)
いつ着く?いつ着く??
お母さん
お母さん
(´∀`*)ウフフ
彼方焦らないの。もうちょっとで着くからね〜!
亜月 彼方(幼少期)
は〜い!!
到着!!!
亜月 彼方(幼少期)
ついたぁ〜!!!
お父さん
お父さん
よし!!じゃあ行くか!!!
お母さん
お母さん
おー!!
そして……………
亜月 彼方(幼少期)
みてみてお父さん!お母さん!!
このクラゲすごくきれいだよー!!
お母さん
お母さん
本当ね〜!
ドカーン!!!!!
お父さん
お父さん
?!!
お母さん
お母さん
なんでしょう今の音。
モブ
モブ
キャーー〜!!!!
お父さん
お父さん
どうされましたか?!
モブ
モブ
銃を持った奴らが「亜月彼方は居るか!!!」って言って
銃を撃っているのよ!!
お父さんお母さん
?!!
お父さん
お父さん
アイツらまた来たのか
お母さん
お母さん
本当、懲りないわよね。
モブ
モブ
どうされましたか?
お父さん
お父さん
なんでもない。それよりお願いがあるんだ。
この子を連れて水族館の外に出ててくれないか?
モブ
モブ
分かりました。ですが!あなた達は?
お父さん
お父さん
私たちは大丈夫です。一様警察ですから
モブ
モブ
そうなんですね…………分かりました。この子は任せて下さい!!
亜月 彼方(幼少期)
お父さん?お母さん?
お父さん
お父さん
彼方いいかい。もし何かあったらこのバックを開いて、
中に入っている紙に電話するんだよ?
変な人が来たらネックレスを握って変な人に向かって
「火球!!」って叫ぶんだ。
わかったかい?
亜月 彼方(幼少期)
うん!!わかった!!
………………………………………………………
亜月 彼方(うずき かなた)
(それから父さんと母さんが帰ってくることは無かった。
俺は紙の通りに電話し、親戚に引き取ってもらうことになった。
そして俺は「特別な力」がある事を知った。
親戚は、君の力を制御するためにネックレスを与えたんだ。
といった。)
この力さえなければ、
亜月 彼方(うずき かなた)
家に帰りたいな。