無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
学校に到着しましたー!
モブ悪魔1
(おい見ろよ!問題児(アブノーマル)クラスの奴らだぜ
とくにあの前にいる奴!
あいつには近ずかないほうがいいらしいぜ(ヒソヒソ)
モブ悪魔2
え?!マジかよ‪wそういえば俺もこんな噂聞いたことあるぜ!
なんかあの生徒会長とつるんでるだとか!!
モブ悪魔1
(おい!声がでけーよ‪w‪w(ヒソヒソ)
鈴木 愛間(アイマ)
………………(*^^*)
アズくん
あっ!あい様ここは私が………
鈴木 愛間(アイマ)
いや、いい
鈴木 入間(イルマ)
どうしたn
鈴木 愛間(アイマ)
ちょっと行ってくる___
side______
鈴木 愛間(アイマ)
おい
モブ悪魔1
あぁ!!!!なんだてめぇ!
鈴木 愛間(アイマ)
いま、兄貴の悪口言ってた??
モブ悪魔2
あぁ!!!兄貴??あぁ入間ってやつの妹かお前
鈴木 愛間(アイマ)
あぁそうだ。否定しないってことは悪口言ってたんだな
モブ悪魔1
ちげーよ‪w誰も悪口なんて言ってねーよ‪w‪w‪w
鈴木 愛間(アイマ)
しらばっくれてんじゃねえぞ
モブ悪魔2
あーあーうるっせぇーなぁー!ごちゃごちゃと!
なんだ?殺るのか?
鈴木 愛間(アイマ)
上等だ。ぶちのめしてやるよ
しばらくして………
鈴木 愛間(アイマ)
はぁ、あんだけ威張っててこれだけかぁ!
俺はまだまだやり足りねぇぞ、なぁ!!
モブ悪魔1
ひぃ!!お助けっ!!
鈴木 愛間(アイマ)
はぁ、仕方ねぇ弱いやつを殺す程のクズじゃないんでなぁ俺も
モブ悪魔2
あ、ありがとう、ございますっ!!
鈴木 愛間(アイマ)
次はないと思え
モブ悪魔たち
はい!
Light____
鈴木 入間(イルマ)
もー!どこ行ってたのあい!!心配したんだよっ!!!!
鈴木 愛間(アイマ)
"((∩´︶`∩))"ごめんねなんでもないよー!
鈴木 入間(イルマ)
えっと〜、そうだ!あい!
鈴木 愛間(アイマ)

イル兄ぃ、どうしたの?
鈴木 入間(イルマ)
えっとあいは転校生だからとりあえずカルエゴ先生に会いに
職員室に行こうか。
鈴木 愛間(アイマ)
そっかー!!じゃあ行こう!
アズくん
私もお供致します入間様!!
クララ
私も行く行く!!
コンコン、
鈴木 入間(イルマ)
失礼します。1年、鈴木入間です。カルエゴ先生いらっしゃいますか?
カルエゴ先生
どうした鈴木入間。
鈴木 入間(イルマ)
えっと、転入生を連れてきました。
鈴木 愛間(アイマ)
鈴木愛間と言います。よろしくお願いします。
カルエゴ先生
(あぁ、やっとまともなやつが入ってきたか)
そうか、なら先に入間達は行っていろ。それと愛間は残れ。
鈴木 入間(イルマ)
分かりました!行こう、アズくん、クララ!
入間軍退場ーー
カルエゴ先生
さて、話なんだか、お前らしき人物が4年せいをボコボコにしたと
情報が入ってるんだが?
鈴木 愛間(アイマ)
え?なんのことですか?(・·・)?
カルエゴ先生
…………
鈴木 愛間(アイマ)
はぁ、side______
鈴木 愛間(アイマ)
やっぱ、先公の目は欺けねーか
カルエゴ先生
それが本性か?
鈴木 愛間(アイマ)
いや、そういう訳では無いが、、
カルエゴ先生
まぁいい、その件もあってめでたくお前もアブノーマルクラスだ。
鈴木 愛間(アイマ)
そうか、、、Light___
鈴木 愛間(アイマ)
やったーーー!!イル兄ぃと同じクラスだ!!
カルエゴ先生
(これはまた面倒なやつが入学したもんだ。)
ちっ、行くぞ。
鈴木 愛間(アイマ)
はいっ!分かりました!!