無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
亜月 彼方(うずき かなた)
ん?うーん?ここは………何処だ?
????
えっと、大丈夫ですか?
????
(´・_・`)ダイジョウブ?
亜月 彼方(うずき かなた)
君達は………?
鈴木 入間(イルマ)
えっと、僕は鈴木入間って言います。それと僕は人間ですよ。
こっちは……
鈴木 愛間(アイマ)
鈴木愛間です!お兄さん大丈夫ですか?
亜月 彼方(うずき かなた)
大丈夫だ。俺は亜月彼方。気軽に彼方って呼んでくれ。
鈴木 入間(イルマ)
はいっ!よろしくお願いします彼方さん!(●︎´▽︎`●︎)
鈴木 愛間(アイマ)
彼方兄ぃ!よろしく!!!(*´˘`*)
亜月 彼方(うずき かなた)
(( ゚∀゚):∵グハッ!!何だこの兄妹!!破壊神が凄い………)
ところでここは?
鈴木 入間(イルマ)
えっと先に確認しておきたいんですけど彼方さんって人間ですよね?
亜月 彼方(うずき かなた)
あぁ、もちろん!!
鈴木 愛間(アイマ)
そっか!!じゃあ驚かないで聞いてね。
鈴木 入間(イルマ)
彼方さんは僕達のおじいちゃん(サリバン)にここに連れてこられたんだよ。
そして彼方さんはここつまりは魔界に来ちゃったんだ。
亜月 彼方(うずき かなた)
そうなんだ!へー!魔界……に?……………?!魔界?!!!
鈴木 愛間(アイマ)
うんここは魔界のおじいちゃん家だよー! 
でも私たちは人間だから食べたりはしないよー
亜月 彼方(うずき かなた)
え?!食べられるの?!
鈴木 入間(イルマ)
はい。でもおじいちゃんは彼方さん事を雇ったようですし、
食べたりはしませんよ。それに私たちの執事?
もとい護衛になったことによって明日から魔界の学校に入れさせるんだー!
とも言ってましたよ。ほら、あそこに
亜月 彼方(うずき かなた)
うっわーなにこれ〜こんなにプレゼントがたっくさん……何円かかんだこれ
鈴木 愛間(アイマ)
ま、まぁこれからよろしくね彼方兄ぃ!
それとバレないように彼方兄ぃも兄妹ってことにしちゃったら?
亜月 彼方(うずき かなた)
あー確かに(もう突っ込むの辞めよ。)じゃあ俺は今日から
鈴木彼方ってことでー!
鈴木 入間(イルマ)
はい!よろしくお願いします彼方兄ぃ!!!
鈴木 愛間(アイマ)
彼方兄ぃ!!
亜月 彼方(うずき かなた)
(///∇///)ゞ