無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話
鈴木 愛間(アイマ)
||☆\“(・_・。)コンコン
失礼します!鈴木愛間です。カルエゴ先生いらっしゃいますか?
カルエゴ先生
どうした
鈴木 愛間(アイマ)
私の使い魔って………?
カルエゴ先生
それのことなら放課後職員室に来い。
鈴木 愛間(アイマ)
分かりましたありがとうございますっ!!
鈴木 入間(イルマ)
愛間っ!!
鈴木 愛間(アイマ)

どうしたの?イル兄ぃ?
鈴木 入間(イルマ)
あ、特に理由はないんだけど………使い魔のこと!どうだった?
鈴木 愛間(アイマ)
うーんとね、放課後職員室に来いってカルエゴ先生に言われたー!
クララ
あいちん!!みーつけた!!!!(/^-^(^ ^*)/
鈴木 愛間(アイマ)
おっとっとー!クララ!!どうしたの?
クララ
あのねあのね!!次は移動教室だから一緒に行こうと思ったの!!
鈴木 愛間(アイマ)
そっか!!わかった!一緒に行こ!
ってあれ?アズくんは?
アズくん
あっ!入間様ー!
びっくりしましたよいきなり飛び出して………
クララ
そうだよ入間ち!急に飛び出したと思ったらいなくなっちゃうんだもん!
鈴木 入間(イルマ)
あ、ごめんね2人とも💦
鈴木 愛間(アイマ)
!!
そういえばイル兄ぃの使いm
鈴木 入間(イルマ)
(その事なんだけど……僕の使い魔はカルエゴ先生なんだ
だからもし今召喚をしていたら学校の誰かを召喚
しちゃうんじゃないかって思って………(コソコソ))
鈴木 愛間(アイマ)
(あーなるほどだからイル兄ぃは急いできたってことか(コソコソ))
アズくんとクララ
鈴木 愛間(アイマ)
ねぇ!使い魔を召喚する時のコツって何?
クララ
(;-ω-)ウーン( ゚∀ ゚)ハッ!
頭の中でグルグルーってそれで出来たらそれをパァってやって
アズくん
それでわかるやつがいるか馬鹿者!!
鈴木 愛間(アイマ)
ふむふむなるほどなるほど(´ー`*)ウンウン
入間とアズくん
((それで分かるんだ………))
鈴木 愛間(アイマ)
ありがと!!クララ!!
クララ
いえいえ〜!!それほどでもないよ〜!
アズくん
じゃあそろそろ移動しましょうか
鈴木 入間(イルマ)
うんそうだね!行こうクララ、あい!!
クララと愛間
うんっっ!!