無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第4話

#4
#R.yamada



「は 、初めまして!新しく執事に入りました。知念と申します。よろしくお願いします!」


部屋に入ってきたのはちっちゃくて、可愛らしい、男の子?


「知念には、涼介様のお世話係としてついてもらいます。」


そこに高木が補足に登場。

高木の言葉のあと、もう一度ぺこりと礼をした彼。少しあたふたしてて可愛い。


「高木、有岡呼んできて。」

「は、はい。」


さぁ、高木もいなくなったことだし、試すか、


「なぁ知念、こっち来て」


「?はい」


"ドサッ"


「んわぁっ」


「御前、純粋だな?」

「ち、違いますぅ~!」


足だけバタバタして、可愛い、笑

萌えるわ~

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

あ ゆ
あ ゆ
BL書いてる未熟な小説家 ちょっと寄って行ってくださいな
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る