無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,106
2021/01/10

第3話

莉犬side
あなた
次は.次は.絶対負けませんからね!
びっくりした。
正直女子はすぐ泣くからこいつも泣くのかと思ってた。
莉犬
ぷっ……www
望むところ…www
莉犬
あ,あと、
お前、足怪我してるだろ、。
あなた
うぇ?
いえ、そんなことは…
莉犬
ほら、家まで送ってく。
あなた
ありがとうございます笑ニコッ
莉犬
(っ……////)
家まで着いた。
あなた
ほんっっっとうにありがとうございます!
莉犬
別に……///
怪我した人を放っとくなんてできないし…//
あなた
ふふ、
ありがとうございます!ギュッ
莉犬
なっ······!/////
あなた
あ、すみません。
ふわっといい匂いがした。
なんだろう。薔薇?の匂いだろうか。
あなた
 では…(´∀`*)ノシ
莉犬
((ヾ(・д・。)フリフリ
こんな人も居るんだな。
帰ったら"るぅちゃん"に言お!
(。-ω-。)------キリトリ線----------------(。-ω-。)
主
見てくれてありがとうございます!
主
みんなのところは雪降ってる?良かったらコメントで教えて!
主
それでは……おつかんな!