無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

トキメキとモヤモヤ
孤児院の子ども達
孤児院の子ども達
ねぇ、お姉ちゃん
あなた
あなた
どうしたの??
孤児院の子ども達
孤児院の子ども達
宏太にぃにが外でねてる
あなた
あなた
は!?この真冬に!?
そしてタタタッと外に行くと。宏太が壁により掛かって寝ていた。

その目元は赤くなっている。
あなた
あなた
…宏太…、宏太起きて…
薮宏太
薮宏太
ん…??あれ、俺いつの間に
あなた
あなた
早く部屋はいって寝よう??
薮宏太
薮宏太
うん、さんきゅな
あなたの横を通り過ぎていく。


ああ、行かないで。ずっと私だけのそばにいて。


何故だろう。考えちゃダメなことばかり思いつく。
あなた
あなた
…宏太!
薮宏太
薮宏太
んー?
あなた
あなた
手、繋いで帰ろ!
薮宏太
薮宏太
…なぁあなた。そういうのはもっと大切な人に言って。
あなたの頬をぎゅっとつねって帰って行く。

…あれ、この気持ち、何。このモヤモヤ、何。