無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

おはよう
孤児院の朝は早い。

6時半には起床し、7時には朝食が始まる。


あなたは女子最年長、調理係だ。

同じく調理係を任されているのは宏太。


そう、あなたの初恋の相手。

同い年であなたと孤児院の最年長を担っている。


私は、この恋を捨てたくない。


孤児院の人数は約20人。

最年少で1歳だ。


あなたは6歳、宏太は5歳でここにきた。


あなたは親が事故で亡くなり、宏太は親が自殺した。


2人とも、苦しみの中生きてきたといっても過言ではない。






朝6:00
あなた
あなた
おはよう、宏太
薮宏太
薮宏太
おはよ、あなた
あなた
あなた
今日も1日よろしくお願いします
薮宏太
薮宏太
いえいえ、こちらこそ
その言葉が一日の始まりを告げる。


よし、今日も1日頑張ろう。

そう伝えてくれるのだ。
あなた
あなた
今日は母さんが屋敷にいないから私が買い物するんだ~
母さんとは、いわゆる“育ての親”。

孤児院の職員、とでも言っておこう。


屋敷とは、この孤児院のこと。

家でもいいが、屋敷と言っていいほど広いのだ。
薮宏太
薮宏太
そっか。

荷物持ちするから一緒に行こうか??
あなた
あなた
え?いいの!?
薮宏太
薮宏太
うん、いいよ😊
あなた
あなた
やったぁ~!(マジで神ってる~!)
そう話しながらパッパッと料理を済ませていく。

もう6:30だ。

宏太は男子寮、あなたは女子寮&乳幼児担当で起こしに行く。
あなた
あなた
はーい、朝だよ~!

皆起きて顔洗おう~!
孤児院の子ども達
孤児院の子ども達
(女)あなたお姉ちゃん~、お靴履けない~!
あなた
あなた
あーあー、そんなことで泣くな!
口は悪いが優しいお姉ちゃん。


一方、宏太の方は…
薮宏太
薮宏太
はい、起きろー!!
八乙女光
八乙女光
おはよ~う!
光は同い年。

私たち最年長組の1人。

お笑いセンスがあり、よくみんなを笑わせてくれる。
高木雄也
高木雄也
おっはよー、早くご飯食べたい
雄也も同い年。

見た目は怖そうに見えるが、心は誰にも負けない優男くん。
伊野尾慧
伊野尾慧
おはよ
慧も同い年。

テキトー男子だが、ちゃんと人のことを考えてくれる。
有岡大貴
有岡大貴
飯!!
大貴は1つ年下の男の子。

可愛いフェイスだが、真面目くんで強い子。
孤児院の子ども達
孤児院の子ども達
(男)宏太お兄ちゃん、おんぶしてー!!!
薮宏太
薮宏太
え?…うわぁっ!?
思い切り上に乗っかる子ども達。

かわいいから許しちゃうよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
あなた
さて。みんな揃った?

手を合わせて。いただきます。
ALL
ALL
いっただきまぁーす!
これが日課。

あとは自由に庭で遊んでいい。


ただし、5時過ぎたら屋敷内のみ。

屋敷を出たら罰として掃除手伝い。





皆笑顔で、こんな幸せな時間がずっと続けばいいのにな。