無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

136
2021/06/25

第3話

# two
ななもり
『ごめん、今日帰れそうにないかも』
あなた
『大変だね、お仕事頑張ってね』
ななもり
『ありがと、ごめんね』
あなた
『大丈夫だよ、頑張れ!』


最後のメッセージに既読は付かなかった




























あなた
……
あなた
うぅッ……グスッ
泣いちゃだめだってわかってるのに



















寂しさの気持ちが募り、涙は溢れるばかり


















止めようとしても止まらない涙













嗚咽とともに涙が頬を伝う














2人で住んでいる家に、1人私の泣き声だけが響く



















あなた
……なーくん…

彼を想いながらベッドで泣き崩れていたあなたの自分の呼び方(一人称)は、いつの間にか意識を手放していた