無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

あの日、君は幽霊になった。

恋愛

あの日、君は幽霊になった。

23
18
528
2021/10/07
3,095文字
オリジナル
連載中
デイリーランキング最高 19 位(オリジナル)
振り向いたら君がいた
礼儀を忘れない子だった。

長くたなびく黒い髪に、消えてしまうんじゃないかと思わせるくらいに真っ白な肌。伏せたまつ毛、細い手足、ほんのりと赤い唇。




そんな、小説にでてくるような、美しい子。




「いただきます」
「ありがとう」
「こんにちは。気分はどう?」


あぁ…やっぱり、君が好きだよ。




















周りがどれだけ変な子だと噂しても。

チャプター

全4話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでます
公式作品もっと見る