無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

射撃場にて
試しに、もう一度狙って撃ってみるも、案の定、中心から逸れた。
グク
グク
なんだ、まぐれか
ジミン
ジミン
すっごいビビった·····
ジョングクさんとジミンs·····ジミニオッパに若干ムッとする。
you
you
(何、あんた達だって当てられなかったくせに!)
そんな中、ユンギさんだけが黙り込んでいる。
ジミン
ジミン
ユンギヒョン?どうしました?
ユンギ
ユンギ
まあ·····〝運〟も現場では必要になる。一発当たれば死ぬおわるんだから
そう言ったユンギさんは何故かずっとこっちを見ていて、私は気付かないフリをして練習に戻ろうとした。
ホソク
ホソク
あ、ユンギヒョン!来たんですね
ジン
ジン
うわー珍し
テヒョン
テヒョン
けなしにきたんですか?ww
そんな周りの声は無視して、ユンギさんは私に言った。
ユンギ
ユンギ
あなたさ、ちょっと一回撃ってみて
you
you
え·····
急に射撃を要求され、戸惑う。
you
you
どうしてですか
ユンギ
ユンギ
もしここで撃たなくて後で後悔しても知らない
you
you
·····
仕方なく、銃を構えて発射する。
ダンッ
それを見て、ユンギさんは頷いた。
ユンギ
ユンギ
OK、ありがと
you
you
え、なんでこんなk·····
言い終わる前に、ユンギさんは走って立ち去っていった。
ジン
ジン
ユンギが走った·····
グク
グク
ヒョンが·····?有り得ない
ナムジュン
ナムジュン
·····太陽が西から登ってないか確認しないと
なんだかよくわからないけど·····
私は練習を続けることにした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

七緒
七緒
URLを貼りたいばかりに自己紹介文を大幅に削った女です← 친구 ♡pom♡→user/a61aa1+みるくてぃ🍟→user/2cc2e7+ megu→ user/2c725c+ ↑本当に皆好き愛してる結婚s((殴 まー。user/1dfbbd+→ちんぐって呼んで良いのか フォローしている方は尊敬している作家さんです·····そのうちラブコールするので待っててくださいねッ☆← お気に入りは本当に気に入った作品のみにする主義です↓ 新人ヨジャドル《🐰さん: user/089a21+》・bangtwice豪華クルーズ《liy.様: user/762399+》・推しと繋がってた件について《NANAさん: user/7f642f+》・“溺愛彼氏”《🏁さん: user/eeb528+》・BTSみんなのお気に入り《소윤さん: user/c5a562+》全部神作なんで読んでください((
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る