無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

ジョン・スミスを斬ってみよう
その後、テヒョニオッパとユンギさんはナムジュンさんと同じようにやられ、ジョングクさんとジンさんは、接戦まで持ち込んだが惜敗してしまった。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
はっ、結局こんなもんか。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
次は誰だ?
私は、スっと手を挙げた。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
うわー、お嬢ちゃんが?ww
you
you
はい。
you
you
お嬢ちゃんが相手になります。
相手は、私が最年少、しかもヨジャだということで完全にナメきっているようだ。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
先攻はあげるぜ、お嬢ちゃん?
you
you
有難くいただきます
私は、両手を広げニヤニヤするスミスさんの目めがけて、
真っ直ぐにブレードを突き出した。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
っ!!
スミスさんは、咄嗟に飛び退いて間合いをとった。
you
you
(これ·····勝てるかも·····)
私はそう思って、もう一度ナイフをスミスさんに突き出した。


すると、有り得ないことが起こった。
you
you
え··········
スミスさんが·····消えた·····?
you
you
消え·····た·····
と、一瞬戸惑う。
その時、すぐ後ろに気配を察知した。
テヒョン
テヒョン
あなた、後ろっ!
オッパの鋭い声が聞こえて、
私は反射的にナイフを突き出した。
と同時に、私の首元でナイフがとまる。
負けたか·····


そう思ったのも束の間。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
·····引き分けか。同時だった
you
you
え·····
振り返って見ると、確かに私のナイフはスミスさんの鼻先でしっかりとまっていた。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
でもまあ、俺より強いガキはいなかったみたいだけどな?
スミスさんは私に「楽しかったよ」と告げると、帰っていった。









··········いや、帰ろうとした。
その時。
ザクッ!


スミスさんの前の壁に、ナイフが1本突き刺さった。

慌てて振り返るスミスさん。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
なっ!?
ジミン
ジミン
·····何勝手に帰ろうとしてんですか?
どうやら、ジミニオッパが投げたナイフだったようだ。
ジョン・スミス
ジョン・スミス
あ、まだあと一人、居たのか·····
と、スミスさんが言うと、
今度は違う方向からナイフがヒュンッと飛んできて、
スミスさんのピアスに命中した。
カラン·····と弾け飛ぶピアス。
スミスさんが口をあんぐりと開けて、ナイフの飛んできた方を見る。

そこには·····
ホソク
ホソク
あと2人、ですよ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

七緒
七緒
URLを貼りたいばかりに自己紹介文を大幅に削った女です← 친구 ♡pom♡→user/a61aa1+みるくてぃ🍟→user/2cc2e7+ megu→ user/2c725c+ ↑本当に皆好き愛してる結婚s((殴 まー。user/1dfbbd+→ちんぐって呼んで良いのか フォローしている方は尊敬している作家さんです·····そのうちラブコールするので待っててくださいねッ☆← お気に入りは本当に気に入った作品のみにする主義です↓ 新人ヨジャドル《🐰さん: user/089a21+》・bangtwice豪華クルーズ《liy.様: user/762399+》・推しと繋がってた件について《NANAさん: user/7f642f+》・“溺愛彼氏”《🏁さん: user/eeb528+》・BTSみんなのお気に入り《소윤さん: user/c5a562+》全部神作なんで読んでください((
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る