無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第68話

反応(作者も)
グク
グク
またHawkかよ·····
ホソク
ホソク
いい加減にしろって思うよね
ジン
ジン
ほんとだよね!うちのあなたに何してくれんのって感じ
電話に、ボス本人ではなく下っ端を使うところとか、



そういうあたりが流石だなと思う。
ナムジュン
ナムジュン
とにかく事務所に連絡しよう
テヒョン
テヒョン
大丈夫、あなたのことは僕が守るから!!
you
you
自分のことは自分で守るんで
その場の全員の声が怒りを帯びている中、




心做しかジミニオッパが落ち着いて見えるけど·····
    

どうかしたのか·····
you
you
ジミニオッパ?
ジミン
ジミン
ん?
you
you
何かありました?
ジミン
ジミン
何も無いよ〜ww
ジミン
ジミン
どした?僕と話したい?




·····いつものオッパだ




このオッパは、何かを隠してるのかなって感じることがたまにある。





何かに重要なことを命じられているような、自分の人生を棒に振ってるような、





とにかく不思議な人だ。
ナムジュン
ナムジュン
これ、ユンギヒョンも呼んだ方がいいんじゃない?
あ·····そうかも
ホソク
ホソク
あなた、ユンギヒョンに連絡お願〜い
···············





お願〜い
って言われても、




ユンギオッパの連絡先持ってないんですけど
you
you
えーと、どうやって?
グク
グク
あなた、これ
そう言ってオッパは、






カトクの通話画面にしたスマホを渡してきた。
you
you
え·····あ、電話ですか
グク
グク
ユンギヒョン、メッセ送っても未読スルーだし。
グク
グク
電話で唯一出るのオレだけ。
グク
グク
はい、電話掛けて
you
you
·····
周りは、Hawkの情報収集や事務所との連絡で忙しそうだし、








断れない。







私は頷くと、
オッパから差し出されたスマホをすっと受け取った。
グク
グク
ん、じゃ任せたわ
去っていくオッパを視界の端に写してから、





少し躊躇いながらも通話ボタンをタップした。
























――――――――――――――――――
作者
作者
ちょっと見てください愛するあなた様
作者
作者
この作品関連のもので、ノート4冊+無数の裏紙を消費致しましたので、
作者
作者
なんかすごいなあと思って作者の皆様に共有致しました(ネタバレは全力モザイク)
作者
作者
最近作者登場しすぎでウザイですよね、すみません出しゃばりました本編の方も頑張って投稿するのでそしてこれからは登場を控えるので許してください←
作者
作者
愛してます。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

七緒
七緒
URLを貼りたいばかりに自己紹介文を大幅に削った女です← 친구 ♡pom♡→user/a61aa1+みるくてぃ🍟→user/2cc2e7+ megu→ user/2c725c+ ↑本当に皆好き愛してる結婚s((殴 まー。user/1dfbbd+→ちんぐって呼んで良いのか フォローしている方は尊敬している作家さんです·····そのうちラブコールするので待っててくださいねッ☆← お気に入りは本当に気に入った作品のみにする主義です↓ 新人ヨジャドル《🐰さん: user/089a21+》・bangtwice豪華クルーズ《liy.様: user/762399+》・推しと繋がってた件について《NANAさん: user/7f642f+》・“溺愛彼氏”《🏁さん: user/eeb528+》・BTSみんなのお気に入り《소윤さん: user/c5a562+》全部神作なんで読んでください((
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る