無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

急な呼び出し
うだるような暑さの、真夏の夕方。


ここは世界でもトップクラスの、韓国にあるスパイ養成所。






私は、父親が優秀なスパイで、その影響もあってかスパイとして働くことを小さい頃からずっと夢に見ている。




今日もいつものように射撃の練習をしていた。

すると·····








放送
放送
あなたさん、あなたさん、先生がお呼びです。至急応接室へ来てください。
you
you
(呼ばれたけど·····なんだろう?)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

七緒
七緒
URLを貼りたいばかりに自己紹介文を大幅に削った女です← 친구 ♡pom♡→user/a61aa1+みるくてぃ🍟→user/2cc2e7+ megu→ user/2c725c+ ↑本当に皆好き愛してる結婚s((殴 まー。user/1dfbbd+→ちんぐって呼んで良いのか フォローしている方は尊敬している作家さんです·····そのうちラブコールするので待っててくださいねッ☆← お気に入りは本当に気に入った作品のみにする主義です↓ 新人ヨジャドル《🐰さん: user/089a21+》・bangtwice豪華クルーズ《liy.様: user/762399+》・推しと繋がってた件について《NANAさん: user/7f642f+》・“溺愛彼氏”《🏁さん: user/eeb528+》・BTSみんなのお気に入り《소윤さん: user/c5a562+》全部神作なんで読んでください((
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る