無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

雨の日の傘事情
今日は始業式だったので授業はなく、あっという間に下校時間になった。


ふと、窓の外を見る。
you
you
雨だ·····
久しぶりの雨。
まあ、朝から曇っていたので降るかもと思って傘は持ってきていたが。
下校のチャイムが鳴り響いている。
you
you
(帰らないと·····今日も6時から射撃あるし、その前にちょっと何かお腹に入れておかないと)
そう思って玄関に向かうと。




·····何だこの人だかりは。
生徒1
生徒1
キャーッ!!!
ジョングクせんぱぁーいっ!
生徒2
生徒2
カッコイイーッ!!
you
you
···············
嫌な予感しかしないわ。
  案の定というかなんというか、オッパは私に気づくとこっちに歩いてきた。
オッパが歩くところで人だかりが割れていく。
グク
グク
あなた。遅い。
you
you
·····じゃあ帰ればよかったじゃないですか
グク
グク
オレ傘持ってないんだけど?
ほう、なら仕方ない·····


ってなるか馬鹿。


ジョングク様に傘貸してくれる奴なんて私以外にもわんさかいるだろうが、え?
この人だかりの中の1人に傘貸してって言ってみろ、秒だぞ、秒。
you
you
·····生憎傘は1つしか持ってきていません
グク
グク
入れてって言ってんの分かんないの馬鹿
分かんないよ馬鹿。
生徒1
生徒1
えーっ、あの子誰?1年生?
生徒2
生徒2
ジョングク様とどういう関係?
グク
グク
·····早く。
グイッ


朝と同じ状態。


そのままグイグイと引きずられ、やっと校舎の外に出た。
you
you
ちょっと!
グク
グク
傘は
you
you
·····これですけど。
グク
グク
オッパは私から傘を受け取ると、開いた。
私はため息をついて、オッパの(私の)傘に入った。



···············はあ。


これからの学校生活、
オッパコイツのせいで


平和には過ごせなさそうだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

七緒
七緒
URLを貼りたいばかりに自己紹介文を大幅に削った女です← 친구 ♡pom♡→user/a61aa1+みるくてぃ🍟→user/2cc2e7+ megu→ user/2c725c+ ↑本当に皆好き愛してる結婚s((殴 まー。user/1dfbbd+→ちんぐって呼んで良いのか フォローしている方は尊敬している作家さんです·····そのうちラブコールするので待っててくださいねッ☆← お気に入りは本当に気に入った作品のみにする主義です↓ 新人ヨジャドル《🐰さん: user/089a21+》・bangtwice豪華クルーズ《liy.様: user/762399+》・推しと繋がってた件について《NANAさん: user/7f642f+》・“溺愛彼氏”《🏁さん: user/eeb528+》・BTSみんなのお気に入り《소윤さん: user/c5a562+》全部神作なんで読んでください((
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る