無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

顔合わせ
あれから、いつの間にか月日は過ぎて、顔合わせの当日になったしまった。
you
you
(今日は待ちに待った顔合わせの日だ·····どんな人たちがいるんだろう)
楽しみで緩む口元を押さえて、私は荷物を持ってアジトへ向かった。








✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱✱
you
you
ここか·····
辿り着いた家は、とにかく大きかった。
とにかく高かった。
高層ビルがいっぱいの都会の中でも、ひときわ目立っていた。


100階建て·····

こんな所に住むのか。
顔合わせは、50階の広間でするそうだ。


エレベーターで50階に向かうと、もう皆揃っていた。


ただちょっとおかしいなと思ったことがひとつ。
you
you
(··········全員ナムジャだったの!?)
まあ·····女スパイは貴重だとは聞いてたけど·····
1人くらいいてもいいよね(養成所にはいっぱいいたよ)!?
まあ、まずどこかに座ろう。









······························。
you
you
(え·····どこに座れば·····)
すると、さりげなく1人の男の人が席を詰めてくれた。
ナムジュン
ナムジュン
ここ、どうぞ
you
you
えっ、あ、ありがとうございます
改めてメンバーを見てみると、全員年上のようだ。

そして、全員端正な顔立ちをしている。

私の向かいに座っている2人は特に、顔面凶器だ。


そうして観察していると、急にどこからか中年男性がでてきた。
パン・シヒョク
パン・シヒョク
全員揃ったな?
you
you
(どなた·····?)
パン・シヒョク
パン・シヒョク
私はパン・シヒョク。BTSの企画者だ。
you
you
(あ、先生が言ってた人か·····)
確かに、普通のおじさんに見えなくもないが、只者ではないオーラを漂わせていなくもなくもなくもない。
パン・シヒョク
パン・シヒョク
全員揃ったようだな。
ではまず、簡単にメンバー紹介をする。呼ばれたら返事をしなさい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

七緒
七緒
URLを貼りたいばかりに自己紹介文を大幅に削った女です← 친구 ♡pom♡→user/a61aa1+みるくてぃ🍟→user/2cc2e7+ megu→ user/2c725c+ ↑本当に皆好き愛してる結婚s((殴 まー。user/1dfbbd+→ちんぐって呼んで良いのか フォローしている方は尊敬している作家さんです·····そのうちラブコールするので待っててくださいねッ☆← お気に入りは本当に気に入った作品のみにする主義です↓ 新人ヨジャドル《🐰さん: user/089a21+》・bangtwice豪華クルーズ《liy.様: user/762399+》・推しと繋がってた件について《NANAさん: user/7f642f+》・“溺愛彼氏”《🏁さん: user/eeb528+》・BTSみんなのお気に入り《소윤さん: user/c5a562+》全部神作なんで読んでください((
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る