無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

業界一のスナイパー
練習が始まって8時間。外はもう真っ暗だ。
ジミン
ジミン
ジョングガ····ちょっとこれ撃ってみてよ
グク
グク
え、あの的の中心ですか?
ジミン
ジミン
あの的動くし、中心が小さすぎて·····3時間くらいずっと狙ってんのに、撃てないの
ジミン
ジミン
あれは当たらなすぎる。
グク
グク
ちょっと待ってください。中心に当てろって?
試しに撃ってみるジョングクさん。
グク
グク
無理ですよあんなの·····
グク
グク
·····ちょっと、あなた
you
you
は、はい?
突然の呼び捨てに戸惑う。
グク
グク
あんた、思ったよりできそうだから、ちょっとあれ撃ってみ
you
you
え、はい
私は戸惑いながらも、銃を構えて撃とうとした。
その時
バンッ



何が起こったかわからなかった。
私の弾じゃない。
私の後方から飛んできた弾が、いとも簡単にあの的の中心を撃ち抜いた、
と理解するのに時間がかかった。
慌てて後ろを振り向く。
グク
グク
ユンギヒョン·····
振り向くと、ユンギさんが下唇を軽く舐めながら銃口を見つめる姿が目に入った。
ユンギ
ユンギ
こんなのも当てれないとか何。
射的やってんじゃないんだから
ユンギ
ユンギ
もーちょっと真剣にやれば。
ジミンさんが横で「あームカつく」と呟いているのが聞こえた。
私はまだ撃ってないのに、なんだこの言われようは。
そう思って、腰にかけてあった拳銃を再度的に向け、撃ってみた。

すると。


バンッ!
ジミン
ジミン
え·····
グク
グク
えっ·····
ユンギ
ユンギ
·····!?
you
you
え·····
命中·····
してしまった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

七緒
七緒
URLを貼りたいばかりに自己紹介文を大幅に削った女です← 친구 ♡pom♡→user/a61aa1+みるくてぃ🍟→user/2cc2e7+ megu→ user/2c725c+ ↑本当に皆好き愛してる結婚s((殴 まー。user/1dfbbd+→ちんぐって呼んで良いのか フォローしている方は尊敬している作家さんです·····そのうちラブコールするので待っててくださいねッ☆← お気に入りは本当に気に入った作品のみにする主義です↓ 新人ヨジャドル《🐰さん: user/089a21+》・bangtwice豪華クルーズ《liy.様: user/762399+》・推しと繋がってた件について《NANAさん: user/7f642f+》・“溺愛彼氏”《🏁さん: user/eeb528+》・BTSみんなのお気に入り《소윤さん: user/c5a562+》全部神作なんで読んでください((
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る