無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

239
2021/04/24

第6話

ふたばと! サバ
サバ
あなたさん?どうしたんですか?
貴方が泣いていることに気付いたサバさんは貴方に声をかけました。
サバ
……どうしたんですか?
「あの……ね……」
貴方が話し始めると、サバさんは静かに貴方の話を聞いてくれます。
そして、話しながら泣いていると、涙をハンカチで拭いてくれます。
サバ
……ゆっくりでいいですよ。
サバ
あなたさんの落ち着いて話せるスペースで話してください。
ゆっくり、ゆっくり、貴方を悩みの種を彼に話しました。
サバ
……………………。
サバ
……成程。そんなことがあったんですね
サバ
…………………………。
すると、サバさんは貴方を優しく抱きしめました。
サバ
……よく頑張りましたね。あなたさん
サバ
辛かったでしょう?……だからここでもっと泣いてもいいんですよ?
サバ
今まで泣けなかったぶん、思う存分泣いてください。
サバ
……泣くだけで少しは辛さは和らぐと思いますから。
サバ
大丈夫……大丈夫です。泣いても貴方を攻める人なんてなんて誰もいません。
サバ
居たとしても……。そいつはなんなんだって感じですから。
サバ
辛い時、苦しい時は我慢せずに泣いてもいいんです。
サバ
……………………。
サバ
ここには貴方を攻める人なんて誰一人いない
サバ
安心して、全部辛いことを吐き出して。
サバ
そしたら……もっと、辛さは和らぐと思いますから。
サバ
…………………………。
サバ
大丈夫……大丈夫だよ。
サバ
ん……?褒めて欲しい……ですか?
サバ
……………………
サバ
生きてて偉いです!!あなたさん。
サバ
辛いこと、苦しいことがあっても死なないあなたさんはとても偉いですよ。




















ねぇ。
サバ
少しは……辛さは和らぎましたか?和らいでくれたら嬉しいです。(ニコ)