無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

212
2021/04/24

第9話

また隙間の時間
主
…………………………
主
(・・)
(訳:また来てくれたんだ。あなたさん)
主
(  ´꒳​`  )
(訳:どしたの。)
「特に何も無いです……また気づいたらここにいて……」
主
(・д・。)
(訳:また壊れちゃったかな……でもあの機械壊れてなかった気がするんだけど……)
主
( 。・-・。`)
(訳:ごめんね?……でも今回は機械壊れてないみたい……)
主
(。・ω・。)
(訳:もしかしたら時間が経てば帰れるかもしれない!からお話でもする?)
貴方は頷きました
主
(≧ω≦)
(訳:じゃあ、お話しよう!)
数十分くらい二人で話していると……
主
(´・ω・`)?
(訳:あれ……どしたの、あなたさん)
「なんか……主さんが……おかしい……」
主
(・д・。)
(訳:え?どゆこと)
「……主さん……もしかして……」
主
僕に……ナニカアッタ?
「!?」
主
どうしたノ……?あなたサン。
主
怖がってるけど……ナニカイルノ?
主
ネェ……?
主が貴方を抱きしめようとしたその時
あなたの視界が暗転して、眠ってしまいました。
起きた時。そこには貴方の部屋が。
(なんだったんだろう?)
貴方は何も分からないので、忘れてしまおうとまた眠りにつきました。
〜???〜
主
………………ツマンナイ。
主
ドウシテ……逃げるノ
主
……………………
主
((?・・)
(訳:あれ……僕何してたの……。てかあなたさんいない……無事に帰れたのかな)
「あーあ……せっかく俺が現れること出来たのに。」
主はもしかしたら多重人格者なのかも?
主
( ˙^˙ )!
(訳:知らないけど。)
【隙間の時間】は
主が何か話します。
しかし偶に裏人格の子が来るかも……?