無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

109
2021/07/22

第22話

ふたばと! 蒼野みどり (グロ有?)
※主の推しなので気が済むまで書くのですが長くなる可能性があります。
(多分次回も長くなります)

口調迷子の可能性あり
蒼野みどり
それでも良かったら見てって欲しいな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
彼の部屋からボーカロイドの声が聞こえます
いつも通りの雰囲気で安心している貴方。
しかし手に持っているものはカッター。
彼が作業中のため、きることにしました。しかも彼は他のメンバーとお話中。こちらの声には気付くことはありません
カッターの刃を深く深く入れる貴方。
その傷口から生暖かい赤い液体が流れ出てきます
それを見た貴方は「生きているんだな」と改めて確かめます
もっと深く深くと刃を入れていくと……
蒼野みどり
なぁあなた!!ちょっとアイデアが欲しいんやけどええ……って何しとんの!?
予想外の展開にあなたは驚きます
蒼野みどり
え……ちょ……
蒼野みどり
ほんま……何しとん………
彼は貴方の傷口を見てそう言います。
蒼野みどり
……………………手当てするから……こっちき……
彼が指さす方向は貴方の部屋にあるソファー。
大人しく座ると彼は救急キットを持ってきて急いで貴方の手の傷を手当てします
蒼野みどり
どうしてこんなことしたん……?
恐る恐る彼は貴方に聞きます。
貴方は「分からない。いつの間にか切ってたの」と彼に言います
蒼野みどり
は……?そんな訳ないやろ……。
蒼野みどり
なぁ……何悩んどるん……俺ってそんなに頼りないか?
彼の声は徐々に小さくなっていき……
蒼野みどり
………………あなた…………
貴方の名前をただひたすら呼びます
蒼野みどり
……なぁ……
蒼野みどり
ホンマに……自分の体を傷つけることだけは……辞めてくれ……
そう言い、彼は貴方を優しく抱きしめます
そして彼はこう言います
蒼野みどり
…………悩みならいくらでも聞くから…………俺……大切な人がリスカしてるところ見ると心が苦しくなんの……
蒼野みどり
………………………………。
蒼野みどり
……俺もまだまだやな
蒼野みどり
こんなことになるまであなたを放っておいたなんて……
蒼野みどり
俺……最低やな……‪w
そう言い、彼は貴方を離します
蒼野みどり
…………なぁ。
蒼野みどり
俺は頼りないかもしれん。
蒼野みどり
けど……こんなことになる前に頼って欲しい。
蒼野みどり
リスカの跡って残っちゃうんやろ?……あなたの綺麗な肌が台無しになってまうやん
蒼野みどり
…………辛い時は泣いていい。苦しかったら、思いを吐いてしまえばいい。
蒼野みどり
誰が、相談すんなって言った?そんなこと……誰も言ってない。
蒼野みどり
…………
蒼野みどり
うん、今は思う存分泣きな?
蒼野みどり
今からあなたの言うこと全部受け止めてあげるから。
蒼野みどり
………………………………大丈夫。あなたはとても頑張ってるよ。……偉いな。












































































ねぇ。
蒼野みどり
……もう、大丈夫か?……ならいいんやけど。余り無理はしちゃダメやで。
蒼野みどり
辛い時は泣いていいからな。あなた