無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いたずら
まあたそ
まあたそ
かすちゃんってお酒強いんじゃ…
かすちゃん
かすちゃん
うん、まだまだ飲めるよ
まあたそ
まあたそ
はぁ…すごいね、もう吐きそうなんじゃけど…
かすちゃん
かすちゃん
寝る?水持ってこようか
まあたそ
まあたそ
お願い…、ありがとう
とある日の深夜。
かすちゃん
かすちゃん
はい
まあたそ
まあたそ
ん…
かすちゃん
かすちゃん
まあたそって…恋愛対象の性別どっち?
まあたそ
まあたそ
…男
かすちゃん
かすちゃん
女の子好きになったりはないの?
まあたそ
まあたそ
場合によるじゃろ…、うちが好きだと思ったら付き合えるし…
かすちゃん
かすちゃん
へえ…
まあたそ
まあたそ
どしたん急に笑
かすちゃん
かすちゃん
いや、そういう話したことないなって…笑
まあたそ
まあたそ
かすちゃんらしくない笑
かすちゃん
かすちゃん
なんでよ笑
まあたそ
まあたそ
あっ!それ3缶目!?
かすちゃん
かすちゃん
あー、そういえばそうだ
まあたそ
まあたそ
すごいなかすちゃん…
かすちゃん
かすちゃん
わわっ…、まあたそ、あ、ベッド行こう
まあたそ
まあたそ
ごめん…、あっ、タ、タクシーでホテル帰る…
かすちゃん
かすちゃん
いいよ、お金かかるし…
まあたそ
まあたそ
…ごめんね、楽しくて飲みすぎた
私は片思い中のまあたそと
お酒片手に語り合うことにした。

まあたそは思ったより酔ってて
歩くこともままならない状態だった。

肩を組んでベッドに寝かせた。
まだメイクは取っていない。
かすちゃん
かすちゃん
おやすみ、あ、メイク落としいる?
まあたそ
まあたそ
……
案外綺麗な寝顔。
付けっぱなしのいつものマスク。

顔とか関係なく、やっぱ好きだなって思う。

どうしてなんだろう。
かすちゃん
かすちゃん
まあたそ、ほんとに寝てるの?
少しくらい、いいよね
遠慮気味に、頬にキスを落とした。
はだけたTシャツ。もう胸が見えそう。
細い太腿に本人が気になっている黒い膝。

そんなところも、全部全部、愛おしくて。
かすちゃん
かすちゃん
大好きだよ、まあたそ
首元にキスを落とした。