無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

信頼と実績
『小林って可愛いよな。』

『愛佳って可愛いよね!』
「そう?ありがとう…」
その言葉が怖かった。
嘘か本当かわからない言葉が
とにかく怖かった。
まあたそ
まあたそ
うちはかすちゃん、可愛いと思うで
でも、あなたがかけてくれる言葉は違った。
ひとつひとつ、なにかが違った。
それから私はずっとあなたに惹かれ続けた。
かすちゃん
かすちゃん
…まあたそ
離れたくなかった。
まあたそ
まあたそ
どしたん?
かすちゃん
かすちゃん
好きだよ
まあたそ
まあたそ
うん、好き…
かすちゃん
かすちゃん
今日はこのまま一緒に居ようよ
まあたそ
まあたそ
VAZRIDE明日じゃから、帰らんと
うちの猫のウルは
ずっとまあたその近くで寝転んでる。
ウルまでまあたそを取ろうなんて
まあたそ
まあたそ
かすちゃんの猫、可愛い
かすちゃん
かすちゃん
…私は?
まあたそ
まあたそ
もちろん可愛い
自分のことをそう呼んでいる。
自覚しようとしてやっと自覚できる。
まあたそはとっても眠たそうで
今すぐにでも抱きしめたくなる。
まあたそ
まあたそ
そろそろ帰るわ…
かすちゃん
かすちゃん
…ま、待ってよ
まあたそ
まあたそ
…ん?
かすちゃん
かすちゃん
今日…、泊まってかないの?
まあたそ
まあたそ
……
かすちゃん
かすちゃん
べ、ベッドだって貸すし、
ご飯も頑張って作るよ!私…が。
シャワーいつでも浴びていいし…
まあたそ
まあたそ
…帰る
かすちゃん
かすちゃん
お願い!
かすちゃん
かすちゃん
これっきり…
『これっきり』なんてできるはずがない。
そんなこと私が1番わかってる。
まあたそ
まあたそ
…ねえ、かすちゃん
かすちゃん
かすちゃん
ん?
まあたそ
まあたそ
かすちゃんはさその…
男の坂口健太郎が好きなんでしょ?
かすちゃん
かすちゃん
うん、坂口健太郎は好きだよ
まあたそ
まあたそ
じゃあなんで、
坂口健太郎と似ても似つかない…
私の事好きになったん?
かすちゃん
かすちゃん
まあたそ、可愛いじゃん。
まあたそ
まあたそ
え…?
かすちゃん
かすちゃん
顔がどうとかじゃなくて、
性格とか、ひとつひとつの動作とか、
かすちゃん
かすちゃん
人を惹きつける能力っていうのかな。
そういうの、私にはないんだよね。
まあたそ
まあたそ
……
かすちゃん
かすちゃん
運動も勉強もそんなできる訳じゃない
顔も性格もずば抜けていい訳じゃない
得意なこともなーんにもない
努力とかなんだー、みたいなやつ。
まあたそみたいにしてきてないからさ
かすちゃん
かすちゃん
この前も言ったじゃん
私、かすなんだよね。人間としてって
まあたそ
まあたそ
…そんなこと、かすちゃんはそんな
かすちゃん
かすちゃん
綺麗事、もういいの
まあたそ
まあたそ
……
かすちゃん
かすちゃん
私は本当にだめなんだ。
まあたそみたいに辛い思いもしてない
だから、こんな人に育ったの。
まあたそは私の唇を勢いよく奪った。
その味は、その暖かいものの味は
とろけそうなくらいなとろとろで甘くて…
かすちゃん
かすちゃん
…まあ、たそ
まあたそ
まあたそ
ええんじゃろ、うちで
かすちゃん
かすちゃん
いい、まあたそじゃないと、だめ
まあたそ
まあたそ
…そうじゃ…な
まあたそは私から手を離して、
スマホをいじりはじめた。