無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

ライバル出現⑥
一方、マンションに戻った美桜と海人は、すぐに永瀬家に向かった。

おせっかいとは知りつつも今の廉とあなたをほっとけない。

いつものように挨拶なしで、廉の部屋に駆け込む。
今田美桜
今田美桜
ちょっと、廉、いるー?
━━━━と。
廉は自分の部屋で上半身裸になり、ダラダラと汗を流しながら筋トレしていた。

海人はいつも以上にトンチンカンな廉の行動に呆れる。
髙橋海人
髙橋海人
うわ、それ、明らかに戦闘態勢だよね?
永瀬廉
永瀬廉
心)う、うるせ〜!
海人たちになんと言われようと、廉はきつく歯を食いしばり、黙々と筋トレメニューをこなした。

今以上に筋肉をつけて、にっくき恋敵・平野紫耀のことをこの手で倒すのだ!
今田美桜
今田美桜
つか、そんなことしてる場合!?
イラッとした美桜は、バチンっと汗だらけの背中を平手打ちする。

今は筋トレなんかよりも、しなきゃいけないことがあるだろうに、廉はちっとも分かってない。
今田美桜
今田美桜
あなた、今頃、あのイケメンにいろいろ調教されちゃってるかもよ!
永瀬廉
永瀬廉
・・・・・・えっ
美桜に指摘されて、廉は動揺した。
永瀬廉
永瀬廉
心)俺の可愛いあなたがあの平野紫耀に調教・・・・・・。
う、うわぁぁ、あなた、ダメや!その男から離れろぉぉーーーーー!
無駄に豊かな妄想力のせいで、廉は脳内にはあなたと
紫耀がイチャイチャしている光景が浮かんでしまう。

もう男のプライドだとか、意地がどうだとか言ってられない。

恋のライバルからあなたを奪い返すのは、自分以外にいないのだから!











































夜の7時過ぎ。廉は自宅ではなく、あなたの部屋にいた。

真正面には、あの平野紫耀。廉は両腕を組み、紫耀を見てギロっと睨みつけている。
永瀬廉
永瀬廉
今日から俺もカテキョすることにしたんで
平野紫耀
平野紫耀
そう来るとはね・・・・・・
さすがの紫耀も、廉のこの行動には苦笑した。

あなたと紫耀を二人きりにしたくない一心で、まさか廉まで家庭教師に立候補するとは。

ちなみに部屋の隅には、美桜や海人も控えている。

チーム『 幼なじみ』━━━いや、チーム『 あなたを紫耀から守り隊』の結成である。

この部屋で一番緊張しているのは、生徒のあなただった。
春名あなた
春名あなた
う、嬉しい・・・な〜。み、みんなで勉強出来て・・・っ
イケメン家庭教師二人に挟まれながら、何とか場の空気を和ませようとするあなた。

だけど廉と紫耀の間にはバチバチと激しい火花が散っていて、
とても友好的とはいえない雰囲気だ。
永瀬廉
永瀬廉
ってなわけやから。よろしくな
平野紫耀
平野紫耀
うん、よろしく
こうして異様に緊迫した空気の中、二日目の個人授業が始まった。
   NEXT
作者
作者
読んでくれているあなたさんに質問です!
作者
作者
平野紫耀くんの妹役は誰がいいですか?
作者
作者
このお話を読んでいる方は、思いついたらコメントしてください!
作者
作者
コメントしてくれないと話しの続きが書けなくなります!
作者
作者
お願いします!
作者
作者
明日の9時までです!
作者
作者
お願いします!