無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

こじれた初恋③
髙橋海人
髙橋海人
あのままじゃ、恋とひとつできないね・・・・・・
幼なじみのあなたを心配する海人。だが廉は、そのつぶやきを聞いて
ニタリと悪魔の微笑みを浮かべた。
永瀬廉
永瀬廉
それいいな・・・・・・。他の男に恋するぐらいなら、一生病ませとく。
そしたら一生俺のもんや! ハハハハッ!
廉の悪だくみを聞いて、海人は呆れた。
廉の独占欲が強いことは知っていたけれど、重症だ。
思わず廉の頭をガツンと小突く。
髙橋海人
髙橋海人
・・・・・・こじれすぎ。そんな子に育てた覚えないよ
永瀬廉
永瀬廉
オカンかよ
髙橋海人
髙橋海人
お前ら相手してたらこーなるわ!めんどくさいんだよ、お前ら!
永瀬廉
永瀬廉
るせ!!オカン!
髙橋海人
髙橋海人
だまれドS!ビビり!
永瀬廉
永瀬廉
ンだとコラ!  つか、矛盾してんだろ!  なんだよ、ドSビビりって!
廉と海人はいきなりプロレスを始め、ドタバタと室内で暴れ回った。
無邪気な廉の笑顔は、あなたには見せたことのない一面だ。





      NEXT