無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

こじれた初恋⑪
その日の放課後。幼なじみ4人組はいつものように一緒に下校した。
美桜と海人は先頭を歩く廉とカバン持ちのあなたの背中を見ながら、
二人の関係について話し合う。
今田美桜
今田美桜
ダメだ・・・。あなた、廉はいい人だって信じきってる・・・・・・
髙橋海人
髙橋海人
でも美桜だって分かってるでしょ。廉が本気であなたを好きなの。
あなたもそうだし
今田美桜
今田美桜
だから腹立つ。なんでだろ。あの二人の間にはあたしたちでさえ入り込めない
美桜は目を細めながら、廉の後を必死についていくあなたを見る。
髙橋海人
髙橋海人
それは・・・・・・幼なじみ以上の感情がお互いにあるからね
今田美桜
今田美桜
初恋ってやつ?
髙橋海人
髙橋海人
うん。あなたはまだ自覚してないし、廉は気持ちの伝え方間違えてるけど
今田美桜
今田美桜
廉が病みすぎなんだよ!
髙橋海人
髙橋海人
あなただって十分病んでるよ
美桜も海人も、じれったい二人にヤキモチした。
廉にとってはあなたが特別で、あなたにとっては廉が特別。
初恋同士の両片思いの二人を見ていると、うらやましいような、悔しいような・・・・・・。
なんだか複雑な気持ちになってしまうのだ。
今田美桜
今田美桜
あー、あなたがあたしだけを見てあたしだけを愛せばいいのに!
それが一番幸せなのに!
髙橋海人
髙橋海人
美桜
今田美桜
今田美桜
ん?
髙橋海人
髙橋海人
美桜も病んでる?
今田美桜
今田美桜
・・・・・・・・・
海人の容赦ないツッコミが、美桜相手にも炸裂した。
     NEXT
お気に入り、ハート、フォローお願いします!
あとコメントもよろしければ!