無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

256
2021/07/29

第12話

夜明け前の語らい.
アマリザSide



これは午前2時頃だった、あなたから連絡が来て俺は飛び跳ねた。
こんな時間にLINEってくるもんやな。
とか思いながらトーク画面を開く
佐々木
佐々木
💭リザ君今暇?
とあなた彼女感ありすぎやろ。
まぁ、ええわ。
アマリザ
アマリザ
💭暇やで?どしたん?
佐々木
佐々木
💭寂しい、家きてや
そっか、家には親がいないんか‥
寂しいやろな。
でも、俺が向かうんも嫌やな。
俺、パジャマ姿見たら理性無くなるで。
アマリザ
アマリザ
💭それは、無理やなぁ~家近いしベランダから話せるやんwww
佐々木
佐々木
💭リザ君もしかして、あなた様のパジャマ姿見たら我慢できひん‥とか思ったん?
そらDTやもんな、
アマリザ
アマリザ
💭そんな事思うわけ無いやん。取り敢えずベランダ来なよ
佐々木
佐々木
💭うぃ
ベランダ用のスリッパを履くとそこには珍しく髪を下ろし白くてサラサラ生地のワンピースを着て立っているあなたがいた
思ったより大人っぽく可愛かった‥というかきれいやった、
佐々木
佐々木
どうしたの?
そういうあなたは大人みたいで星以上に輝いていた
アマリザ
アマリザ
なんでもないで、美人やなって思っただけやで
佐々木
佐々木
…‥は?急にな、なんやねん//
とか言いながら顔を赤くする彼女は最高に可愛かった
ゆるり。
ゆるり。
はいつ!
ゆるり。
てす✨
ここまで見てくださりありがとうございます🙇
♡やお気に入り登録コメントお願いします😇

てか、
あなたリザ君の心読めるん?
以上
ゆるり。
でした~✨🤍