無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
256
2021/08/05

第17話

#6
アマリザSide






ぼーっと、ベランダから準備をしているあなたの下の名前眺めていると
あなたの下の名前もベランダに出てきて俺にこう喋りかけた
(なまえ)
あなた
なんや~?ずっとこっち見てきて気持ち悪いねんけどッ!!
あなたの下の名前はそう言いながら
あはは~
と笑い出す俺の何が可笑しいんだよ‥
でもそれを見てるとついついつられて笑ってしまう
(なまえ)
あなた
そや!リザ君の家に行ったらTikTok撮ろか!
Twitterにも上げたいしッ!
アマリザ
アマリザ
お、ええやんかそれ!
(なまえ)
あなた
あと準備できたから迎えに来て~
アマリザ
アマリザ
応ッ!
玄関まで向かうと彼女は出てきて俺についてきた
家まで数cmしかないから3歩程度歩くと俺の家の玄関に着いた。
寒いだろうからすぐ家に上がらせた
(なまえ)
あなた
夜ご飯どーすんの?
アマリザ
アマリザ
俺で良ければ作るで?
(なまえ)
あなた
あ、遠慮しとく
そう言って
あなたの下の名前は
(なまえ)
あなた
うちがつくったるぅわぁ~
アマリザ
アマリザ
じゃ、楽しみにしてるで~
と言いながら俺はリビングに戻りスマブラを始める
んんんんん‥
待て待て、
なんで俺あなたの下の名前家に呼んどるの?!
理性持たへんて‥
気兼ねなくオッケー!しちゃうアイツもどうかと思うけど‥
相棒とはいえ‥
女子やで?!
どーすんの
俺ェェェェ














春を待っていた。




ゆるり。
ゆるり。
はいっ✨
 
どーも

ゆるり。

ですッ

はいはーい

今回はどうでしたか??

あなたの下の名前ちゃん可愛いですかね?

まぁ、素敵(?)な恋模様をお楽しみくださいッ!

♡やお気に入り登録フォローお願い致します🤜

いつも応援ありがとうございます✨

👁‍🗨2000↗

勇者の方々すこ。