無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

781
2021/01/11

第21話

決断
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
あ!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
あいつら!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
オルオさんちょっと同期と話してきてもいいですか?
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
お願いします
オルオ・ボザド
オルオ・ボザド
チッ、さっさと行けよ
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
ありがとうございます!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
おい、ミカサ!アルミン!
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
ん?あっ!
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
エレン!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
しばらくぶりに会った気がするぞ!
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
元気だった?
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
あぁ!
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
エレン、なにか酷いことはされてない?
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
体をすみずみまで調べ尽くされたりとか
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
精神的苦痛を受けたとか!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
ねぇよ、そんな事
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
(相変わらずの過保護っぷりだね)
アルミン・アルレルト
アルミン・アルレルト
(そうなんだ、いない時もやばかったよ(ヽ´ω`))
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
(お、お疲れ様(´・ω・`))
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
クッ、あのチビは調子に乗りすぎた
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
いつか私が然るべき報いを
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
まさか、チビってリヴァイの事を言ってんの………?
リヴァイ・アッカーマン
リヴァイ・アッカーマン
…………………
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
り、リヴァイはチビじゃないよね!え、エレン!(大声)
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
あ、あぁ!ち、チビじゃねぇぞ!(大声)
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
(エレン、リヴァイがこっち見てるよガタガタ)
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
(き、気にするなガタガタ)
コニー・スプリンガー
コニー・スプリンガー
よっ、エレン
サシャ・ブラウス
サシャ・ブラウス
久しぶりです!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
おぉ、なんだよ
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
みんな揃ってんのか!
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
でも、みんなここにいるってことは調査兵になったの?
コニー・スプリンガー
コニー・スプリンガー
他にここにいる理由はあるか?
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
じゃあ、憲兵団にいったのはジャンとアニとマルコだけ…
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
ジャ、ジャン?!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
はッ、まさかお前まで!
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
マルコは死んだ
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
え、?
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
今…なんて、言った?
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
マルコが、死んだって言ったのか?
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
誰でも劇的に死ねるって訳じゃないらしいぜ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
どんな最後だったかも分かんねぇよ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
あいつは誰も見てないところで人知れず死んだんだ
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
マルコが……
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
そ、そんな事……
ネス
おい!新兵集まれ!
ネス
制服が届いたぞー!!
バサッ




エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
お前らほんとに、
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
そう、私達も今度の作戦に参加する
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
なぁ、エレン
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
お前、巨人になった時ミカサを殺そうとしたらしいな
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
それは一体どういうことだ
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
違う、エレンはハエを叩こうとして
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
お前には聞いてねぇよ
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
(´^ω^`)ブフォwww
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
お、おい、笑うなw
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
え、エレンだってw
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
(¬_¬)ジッ
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
(´ρ`*)コホンコホン
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
なぁミカサ、頬の傷はかなり深いみたいだなぁ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
それはいつおった傷だ
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
……本当らしい
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
巨人になった俺はミカサを殺そうとした
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
らしいってのは、記憶にねぇってことだな
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
つまり、お前は巨人の力の存在を今まで知らなかったし、
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
それを掌握でする術も持ち合わせていないと
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
あぁ、そうだ
アラナ・エヴァン
アラナ・エヴァン
エレン………
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
はぁ、お前ら聞いたかよ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
これが現状らしいぞ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
俺たちと人類の命がこいつにかかってる
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
俺たちはマルコのようにエレンが知らないうちに死ぬんだろうな
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
ジャン、今ここでエレンを追い詰める事になんの意味があるの
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
あのなぁミカサ、誰しもお前みたいにな
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
エレンの為に無償で死ねる訳じゃないんだぜ
ミカサ・アッカーマン
ミカサ・アッカーマン
ッッ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
知っておくべきだ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
俺たちはなんの為に命を使うのかを
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
じゃねぇと、いざという時に迷っちまうよ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
俺たちはエレンに見返りを求めてる
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
きっちり値踏みさせてくれよ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
自分の命より見合うのかをな
ガッ
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
だからエレン!
ジャン・キルシュタイン
ジャン・キルシュタイン
お前、本当に頼むぞッ!
エレン・イェーガー
エレン・イェーガー
あ、あぁ