無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

溺愛彼氏










「あなた〜〜〜〜」




『なにー?』




「なんでそんなに可愛いの?」




『は、知るわけないじゃん(』




『あと、私可愛くないので〜〜』




「またまた、そういう事を言うんだから(笑)」




「素直になりなって☆」




『普通にムカつくんだけど(』




「それは許してちょ♡」




『はい、一生許しません』




「ちょ、まじでごめんってば〜〜!!」




『本当に申し訳ないんだったらなにかちょーだいっ』




「なんでもいいんですよね?ニヤ」




『なんか悟、企んでる、、、』




『あっ、やっぱりさっきの言葉は撤回する!』




『喜久福買いに行こっ』




『もちろん、悟さんお願いしますね(』




「あなたなら買ってあげる〜〜♡」




『語尾の♡は要らないかな☆』




「じゃあ買いに行こ!!!」




『うんっ!!!』








なんだこのカップル最高じゃん(♡










___________________










この度は、この作品を読んでくださって有難うございます^^




ちょーゆっくり更新していきますがどうか見捨てないでください;;;;




♡ と ☆ 押してくれたら大変喜びます☺️









さ ぴ ぃ .