無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

生徒からイジられる先生










現在 午前10時








虎杖「あっ!あなたさん、おはようございます!」




『悠二、おはよう〜〜』




『恵ちゃん、ご挨拶は?』




伏黒「おはようございますっ




釘崎「伏黒、お前なんて言ってんのかわからんわ!」




五条「朝から騒がしいな〜〜(笑)」




『朝のあなたよりマシですけどね(』




五条「あなた、それを言うじゃない」




『あっ、つい口が(笑)』




虎杖「え!五条先生が騒がしいって事?」




『そうなの(笑)まじでうるさいから(笑)』




伏黒「五条先生、あなたさんに迷惑かけたらダメですよ」




釘崎「ほんと、あなたさんがかわいそー!」




五条「俺、そんなに言われないとダメ?」




「「「うん」」」




『ふふっ』




五条「なんなんだよこれーーー!!!」














朝からうるさい五条先生でした