第45話

パニック 💜side
夕方時
海人
海人
うわぁぁぁぁぁぁああ!!
いつもこの時期になると海人はパニックを起こす

新学期ということで色々環境が変わるからなのか1年で多い
玄樹
玄樹
かーい、よしよし大丈夫だよ
俺らにできるのはこうやって落ち着かせること
優太
優太
しんどいね、辛いね
言いたいことが伝わらない

こんな事をしたくてしてるんじゃない
海人
海人
んーん!んぁぁぁああ!
廉
かいー物は投げたあかんやろ?
手当り次第投げていた物は床に散乱し、手に持っていたリモコンを廉が取った
海人
海人
んー!!
ガンガン!
紫耀
紫耀
あ、海人それしたら痛いからクッション挟もうね
投げるものが無くなって、次は頭を壁に打ち付け自傷行為をし出した

近くにいた紫耀がすぐに頭と壁の間にクッションを挟んだ
海人
海人
んーー!!















落ち着いたのは夜の事
海人
海人
スゥ…スゥ…
疲れたのか海人は寝てしまった
優太
優太
…俺ご飯作るわって買い物行ってねぇ
しまった、急いで冷蔵庫を見たけれどほとんど空っぽ
玄樹
玄樹
父さん、たまには出前なんかどうです?笑
3人揃って出前のチラシを広げる
廉
白米がないと俺嫌やで!
紫耀
紫耀
ぬれおかき…
廉
無いやろ!
優太
優太
いや、でも!
廉
たまにはお父さんもゆっくりしな、いつか倒れんで?
紫耀
紫耀
これ以上俺たちを悲しませんなよ…
玄樹
玄樹
もう家族を失いたくないの…父さんなら分かるでしょ?
6つの瞳がこっちを見る

廉は悲しそうに笑っていて、紫耀は眉を下げて玄樹はうっすら膜を張った目を向けていた

そうだ、俺がこの4人のお父さんなんだ

4人を守らなきゃならないんだ
優太
優太
そう…だな、出前取ろっか
玄樹
玄樹
うん!ねぇ何にする?
優太
優太
やっぱり蕎麦だろ!
紫耀
紫耀
…鰻がいい
廉
いいやん!米もあるし鰻に決定!!
優太
優太
え!?
玄樹
玄樹
何?ダメなの?
優太
優太
あ、いや…その
俺のお金がぁ(´・ω・`)
玄樹
玄樹
ふふっ笑大丈夫だって俺もちょっとは出すから
優太
優太
いや!子供からお金は出せない!
廉
なぁ玄樹兄ちゃんは並にするん?
玄樹
玄樹
うん!
廉
お父さんは?
優太
優太
俺も並で!
廉
海人は並かな?
紫耀
紫耀
食べれなかったら俺食べるから並でいいんじゃない?
廉
全員並やな!







この日の出費により数日質素な食事になったのは言うまでもない
玄樹
玄樹
納豆とご飯…
廉
ウマー!
紫耀
紫耀
納豆臭!
海人
海人
ネバネバ〜
優太
優太
後で空気入れ替えないと、家中納豆臭くなる