第37話

3 ❤️side
朝ごはんを食べ終わり、海人を楽しませる

外に海人を連れて行ってその間に家の飾り付けをしようという作戦だ

昨日、海人は俺に一番懐いてるからという理由で俺が外に連れていく係になった
紫耀
紫耀
海人、どこか行きたいところない?
海人
海人
公園!
紫耀
紫耀
じゃあ、紫耀兄ちゃんと公園行くか
海人
海人
うん!
紫耀
紫耀
いってきます…
廉
海人、行ってらっしゃい
( ´ •௰•`)ハ(´•௰• ` )
玄樹
玄樹
行ってらっしゃい
*。.(♥´꒳`*)人(*´꒳`♥).。*
優太
優太
行ってらっしゃい
(*^o^)/\(^-^*)!
優太
優太
紫耀、海人の事よろしくな
海人
海人
んー!
紫耀
紫耀
はいはい、わかったから…じゃあ終わったら連絡ちょうだい
玄樹
玄樹
わかった
早く行きたいのか俺の腕を力いっぱい引っ張る海人

体つきも大人に近づいてて引っ張る力も強い
紫耀
紫耀
じゃあ今日はちょっと遠くの方まで行くか
海人
海人
٩(ˊᗜˋ*)و♪