無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

2 💜side
優太
優太
かいーご飯出来たよ!
海人
海人
はい
今日のご飯はオムライス!

フワトロではないけど、海人はこれが1番好き

海人のオムライスには、「かいと」とケチャップで名前が書いてある
優太
優太
廉ーお前も名前で書く?
廉
廉
はぁ!?俺、そんな歳ちゃうし!
思春期真っ只中の廉は俺にだけあたりが強い

困ったもんだぜ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

結局、廉と俺は普通にケチャップをかけた
優太
優太
いただきます
廉
廉
いただきまーす
海人
海人
いただきます…
俺がグリーンピースが苦手だからライスには入ってない

半分ぐらい食べた頃…

ガチャ
玄樹
玄樹
ただいまー
優太
優太
え?今日サークルのみんなと飲んでくるんじゃ?
玄樹
玄樹
なくなった、店が休みだったんだよね
優太
優太
じゃあ玄樹の分作っとくから着替えてー
玄樹
玄樹
やったーありがと!
結局、家族5人分を作った

あなたが亡くなって、最初は結構時間がかかったけど今ではちょちょいのちょい!



優太
優太
はい、どうぞ
玄樹
玄樹
いただきまーす
廉
廉
かい、食べ終わったら?
海人
海人
ごちそうさまでした
廉
廉
そうそう、ごちそうさま
玄樹が食べる頃には2人はもう食べ終わってて、さぁ俺も食べるぞ!って思ったら冷えてたのは言うまでもない