第26話

5 🖤side
廉
廉
そうやったんや…
俺、なんも知らんと紫耀兄ちゃんのこと…
優太
優太
まぁでも、紫耀も殴る程でもなかったのにな
廉
廉
いや、でも今日は俺が悪かったし
優太
優太
…いや、今日は俺が悪かったんだ
廉
廉
え?
優太
優太
廉は大丈夫ってどこかで思ってたんだ、心配なんかかけないって…ごめんな廉
廉
廉
その言葉、2回目
優太
優太
え?
廉
廉
大丈夫やでお父さん、俺もそう思わせとったんやから
優太
優太
え、でも
廉
廉
あーもうこの話終わり!俺は紫耀兄ちゃんに謝りに行かなあかんからお父さんもついてきて?
優太
優太
廉が…
廉
廉
ん?
優太
優太
廉がデレた!
なんやねん、その「クラ○が立った!」みたいなんわ

俺やってデレる時もあるから

お父さんは俺の事なんやと思ってんねん