無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,233
2018/09/02

第25話

~単純な気持ち#ぶんけいside~
僕、何やってるんや。









急に呼び止めて、路上でプロポーズしてって、ただの阿呆や。
@小豆
@小豆
ぶんちゃん、
ぶんけい
ぶんけい
@小豆
@小豆
しばらく、考えさせてください。
また次会う時、本当の気持ち、伝えたいって言うか…
ぶんけい
ぶんけい
次とか、無理せんでええからね。
??? 何言うてるんや。僕。



勝手にプロポーズして、それはないやろおおお!( 」´0`)」
@小豆
@小豆
それじゃ、次いつだっけ?
ぶんけい
ぶんけい
明後日…
@小豆
@小豆
うん、分かった、じゃあね。
ぶんけい
ぶんけい
うん、…
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どんどん、自分の願いと今の自分に壁が出来ている感じがした。なんだか、もうこの願い叶わない気がするなあ…





プルル))
ん?電話?
ぶんけい
ぶんけい
はい、もしもし。
「あ、出た。マネージャーの僕です。」
ぶんけい
ぶんけい
ああ、こんばんは!どうされたんですか?
「実は今から3ヶ月後、またパオ博をやろうっていう話になってまして…今度は横浜です!」
ぶんけい
ぶんけい
へえ、横浜…て、え!?またやらせてもらうんですか?パオ博を!?
「あ、はい!僕としても嬉しいです☺️では、詳しくは明日色々UUUMでお話させて頂きたいなって思ったので、はい!明日ぶんけいさん時間ありますか?」
ぶんけい
ぶんけい
あ、僕はあります!
「小豆さんにはのちのち電話致しますので、取り敢えず明日UUUMに10:30でよろしくお願い致します!」
ぶんけい
ぶんけい
わ、わかりました…
どうしよう。あーずーに会うの、明日になってしまった。