無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

58
2020/06/18

第3話

母親の作り方
力無く倒れた岬さん。

その下にできる血溜まり。

僕はそれに手を伸ばす。





さて、新しい母親を作ろう。




















まずは皮膚を剥がす。女性は肌が柔らかいからすぐ取れた。それを布として使う。布を人形の形にして、腹の中にはワタの代わりとして内臓を入れる。肺に肝臓、腎臓、胃腸、膵臓、小腸、大腸、十二指腸、色んなものを詰め込む。頭の中には脳を小さく抉り取ったのを入れ、縫う。脚、腕の中は脚と腕の肉を詰め、最後は胸の真ん中に穴が空いている人形に岬さんの体から抜き取った心臓をはめ込む。あとは腐らないようにして完成だ。
僕の作った人形は動くんだ。
何故かは知らないけど。
喋ってもくれる。あ"〜あ"〜と。







さぁ、新しい母親が出来た。














彼が持っていた不気味な人形と
彼がいた場所は











赤黒い液体で染まっていた。




















まずは1人目