無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

六人の王子
-昼食-
莉犬
莉犬
ねぇ、あなた!
一緒にご飯食べよ!
わたし(男装)
わたし(男装)
いいですよ。
ころん
ころん
じゃあ、いこ!
さとみ
さとみ
おぉ、遅かったじゃん
ジェル
ジェル
あれ、誰かおる?
ななもり。
ななもり。
ん?何々?
莉犬
莉犬
えっとね、こちら、あなたくん!
さとみ
さとみ
そんなやついたっけ?
ころん
ころん
今日転校してきたからさ!
莉犬
莉犬
るぅとくん、隣なんだよー
羨ましい(笑)
ななもり。
ななもり。
良かったね(笑)
るぅとくん、
るぅと
るぅと
何がいいんですか?
いちいちうるさいし、、、
僕はもっと一人でいたかったです。
ジェル
ジェル
それはひどいやろ、、、
ななもり。
ななもり。
るぅとくん。
一人でいたいの?
俺たちとも一緒にいたくかなかったってこと?
るぅと
るぅと
そ、それは、、、
違いますけど、、、
莉犬
莉犬
、えっと、あ!
じ、自己紹介しよ!うん!
わたし(男装)
わたし(男装)
あ、はい。
えっと、星宮あなたっていいます。
よろしくお願いします。

、、、あの、プリンスの六人さんですか?
ジェル
ジェル
笑笑
言い方よ(笑)
おぉ、そうやで?
わたし(男装)
わたし(男装)
へぇ
(あれとは関係ないか、、、)