無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

婿
わたし
わたし
あんたらなんかの嫁になんてなるわけねぇだろ。
白鷺 海斗
白鷺 海斗
そんなにあがいても、変わらないよ。
秘密王宮の血をもったものしか選べない。
白鷺 海斗
白鷺 海斗
着いたよ
わたし
わたし
ここは?
白鷺 海斗
白鷺 海斗
秘密王宮の会議場。
私は来たことがなかった。
わたし
わたし
そんなものがあるんだ。
ガチャ
わたし
わたし
!?
お父様?お母様!?
母・星宮麗華
母・星宮麗華
ばれてしまったの。
ごめんなさいね。
白鷺 海斗
白鷺 海斗
いまここで、決めるんだ
わたし
わたし
どうしてっ!?
どうしてこうなるの!
わたし
わたし
やってられるかぁ!
もう、敬語なんて使わない。
今が自由になるべき時と思った。
母・星宮麗華
母・星宮麗華
あなた、?
さすがのお母さんもびっくりしているようだった。
わたし
わたし
いいよ!それで!
じゃあ、私はいまここでしねばいいんしょ!
るぅと
るぅと
なに言ってるんですか、あなたさん。
流石に呆れますよ?
わたし
わたし
えっ!?
るぅとくん?
わたし
わたし
どうしてここに、
白鷺 海斗
白鷺 海斗
おい、てめぇだれだよ
るぅと
るぅと
あなたさんの婚約相手ですが?
白鷺 海斗
白鷺 海斗
はぁ?お前なんかと婚約できるわけねぇだろ。
母・星宮麗華
母・星宮麗華
君は?
わたし
わたし
る、るぅとくん?
るぅと
るぅと
あなたさんがこんなに暴走するとは(笑)
るぅと
るぅと
さっきも言ったように、僕があなたと婚約します。
るぅと
るぅと
まぁ、あなたさんが僕を選べばの話ですけど(笑)
白鷺 海斗
白鷺 海斗
だからお前は、こいつとの婚約権利をもってな、、、
るぅと
るぅと
持ってますよ。
僕は九条家の一員なんですから。
秘密王宮の血は入ってますよね?
白鷺 海斗
白鷺 海斗
は!?
わたし
わたし
そっか!
母・星宮麗華
母・星宮麗華
やはり、絶滅してなかったのね
るぅと
るぅと
あなたさん。さぁ、誰か選んでください?
わたし
わたし
私は、、、






























.
わたし
わたし
るぅとくんと婚約します。