無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

病名…か。
あなたside
看護師「7番でお待ちの方〜、こちらへどうぞ」
私、1人で行ってくる
岩本照
岩本照
行けんの?
うん、
岩本照
岩本照
そっか、待ってるわ
ありがとう
そう言って1人で席を立つ
内心めっちゃドキドキしてる
病気なんじゃないかって
メンバーにそばにいてほしい
でも、1人で歩く
理由は簡単
ただ1つ






































メンバーに心配かけたくないから
自分でももう分かってる
私が病気だってこと
でも、信じたくない
メンバーにもっと迷惑かけたくない
だから、私は決めたんだ
1人で戦う








思い足取りを進めてやっとドアの前に立つ
ふぅ、大丈夫、泣かない、心配かけない
自分に言い聞かせて部屋に足を踏み入れる
看護師「こちらにおかけ下さい」
はい、
医師「今回の結果ですが、拡張型心筋症と判明しました」
医師「この病気はうちの病院でh…」
頭が真っ白になった
こんな感覚初めてだった
泣くと思っていたのに、泣くこともできない
その後、医師がなんか話してたけど、全然聞いてなかった
でも、唯一わかったこと、それは























































この病気は難病
すなわち治らないということだ