無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

“ありがとう”の意味
あなたside
布団の中でずっと一緒に考えてた
私、やっぱり裏切られるのかな
1回ぐらいは信じて欲しい
1人ぐらいは私の味方して欲しい
1%ぐらいでいいから私の事守って欲しい
自分勝手だよね
自分で新メンバー欲しいって言ったのにさ
自分から嫌われたいって言ったのにさ
私ってやっぱりバカなんだなって
つくづく思う
考えてたらいつの間にか朝の9時
起きないとって思ってたら誰かが部屋に入ってきた
多分、起こしに来てくれたんだ
とっさに寝たフリをした
???
ベッドの端に座る
???
あなた…心配だよ…
私はすぐにわかった




























ふっかさんだって
でも、起きなかった
違う、起きれなかった
深澤辰哉
深澤辰哉
あなた、俺たちの前から居なくなったりしないよな…?
深澤辰哉
深澤辰哉
ずっとこの10人でSnowManだよな?
深澤辰哉
深澤辰哉
最近のあなた、いつもと違う
深澤辰哉
深澤辰哉
いつものあなたなのにあなたじゃない
深澤辰哉
深澤辰哉
どーいうことだか教えて欲しい…
深澤辰哉
深澤辰哉
何も無いなら何も無いってはっきり言ってよ
深澤辰哉
深澤辰哉
頭を撫でる
深澤辰哉
深澤辰哉
あなたが心配だよ…
耐えられなかった
泣きそうになった
私、メンバーに愛されてる
んっ…ふっかさん…?
だから、起きた振りをした
深澤辰哉
深澤辰哉
あなた、起こしちゃった?
おはよう
これ以上愛情を与えて欲しくないから
おはよう
ふっかさんの気持ちから目を背けた
深澤辰哉
深澤辰哉
みんな起きてるよ
わかった、着替えたら行く
深澤辰哉
深澤辰哉
了解、先行ってるね
うん、ふっかさん…
深澤辰哉
深澤辰哉
ん?
ありがとう
深澤辰哉
深澤辰哉
…うん…?
ふっかさん、最後の起こしてくれてだと思ってるよね
違うよ
本当は
























“愛してくれて”ありがとう