無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

誰か暇


サクッサクッ
エマ
エマ
あ〜あ〜早くノーマンげんきにならないかなー
あなた
あなた
そうだね、はやく元気になってあそべたらいいのに……
レイ
レイ
そうは言ってもノーマンの体調しだいだろ
あなた
あなた
だねぇ〜
(今日も推しが可愛い)
あなた
あなた
じゃあさ!ピアノとかひいてみよ!
エマ、レイ
エマ、レイ
え?ピアノ?
あなた
あなた
うん(確かハウスにあったはず)
エマ
エマ
いいねぇー行ってみようよ!
レイ
レイ
それよりお前ら楽器ひけるのか?
あなた
あなた
あ、
エマ
エマ
あ、
レイ
レイ
ほらな
レイ
レイ
弾きたいって言っても弾けなきゃいみねぇじゃん
エマ
エマ
まぁ〜なんとかなるでしょ!
あなた
あなた
うん!そうだね!
(あっ、やっべ〜今世ではそういや習うというか弾いてないしできても不自然だよな)
レイ
レイ
はぁ
レイ
レイ
まぁいいか









ーー
サクサク
サクサク
やばいちょっと飽きてきたみんなこれ続けてる人すごくね?
サクサク
サクサク
まぁ読みたい人がいたら言ってください更新するんで
サクサク
サクサク
というか6歳になるまでのネタを下さい
サクサク
サクサク
そしたら書きます