無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話
放課後
あなた

じゃ、私の家でね!

友咲
友咲
ん。
とまぁ、こんな感じなわけですよいっつも
あなた

ただいまぁー

お馴染みの優しいマッマ
お馴染みの優しいマッマ
あら、おかえり
あなた

今日も友咲くるから

お馴染みの優しいマッマ
お馴染みの優しいマッマ
そうなの?じゃあ、途中でこれ食べなさい
そう言ってママはクッキーをくれた
お馴染みの優しいマッマ
お馴染みの優しいマッマ
仕事の帰りに買ってきたのよ
あなた

そうなんだ!ありがとうママ!

ママはいつも楽しそうだ。
自分に合った仕事が出来てストレスもない。ご飯も作るのが好きだし、パパとも仲がいい。喧嘩をしたことが無い。家事だってパパも手伝ってくれるし、楽しそうだ。
\ピンポーン/
あなた

あ、友咲来た!

お馴染みの優しいマッマ
お馴染みの優しいマッマ
友咲くんいらっしゃい
友咲
友咲
はい!お邪魔しますお母さん!
あなた

(生き生きしてるなぁー)

友咲
友咲
あなた〜
あなた

おーよしよし

インターホン越しに見えたクールな真顔が嘘のようだ
お馴染みの優しいマッマ
お馴染みの優しいマッマ
じゃあ、楽しんでらっしゃい
ママは私と友咲が恋仲の事を知ってる。
ママとパパは否定することも無く賛成してくれた。
あなた

じゃ、部屋行こっか

友咲
友咲
うん!