無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

Episode.9
西村side

もう、遅かった


自分の気持ちに気づいた頃には、もう遅い



何で俺ってこんなんなんやろ



誰よりもそばにいて欲しい人を


助けれなかった…
岡崎彪太郎
おはよう、あなたー
You
おはよう!こたちゃん!
岡崎彪太郎
もう大丈夫なん??
You
うん…笑
岡崎彪太郎
そっか、でも
You
ん?
岡崎彪太郎
そんな顔ばっかしとったら、僕がどうにかなりそうやわ笑乱暴に撫でる
You
ちょ、こたちゃん笑
岡崎彪太郎
あなたはいつでも笑顔の方がいい!ほっぺたをつまむ
岡崎彪太郎
分かった?笑
You
ふぁい…
岡崎彪太郎
うん、よろしい笑
You
もう笑
岡崎彪太郎
でもほんとにそっちの方がええからね?
You
うん、ありがとう
西村拓哉
西村拓哉
ごめん、通して
You
あ、ごめんね
岡崎彪太郎
彪太郎に腹が立つ


でも、高橋さんは…



見てると苦しくなる…













俺、こんなに高橋さんに惚れ込んどるんか…?